Touch The Freedom
ARTICLE

私たちがみなさんのハーレーライフを支えます!ハーレーに乗る女性スタッフが活躍する正規ディーラー「ハーレーダビッドソン グッドウッド」を直撃!!

2019.03.01

モーターサイクルという枠組みを超えた、独自の世界観を持つハーレーダビッドソン。ハーレーオーナーとなる人は皆、その世界観に憧れて”自分だけの特別な一台”に巡り合います。重量級のモデルが多いハーレーはとりわけ小柄な方には取り扱いづらいこともありますが、それを乗り越えるだけの魅力を持ち合わせているのもまたハーレーなのです。

私たちがみなさんのハーレーライフを支えます!ハーレーに乗る女性スタッフが活躍する正規ディーラー「ハーレーダビッドソン グッドウッド」を直撃!!テクニシャンとセールス、それぞれの分野で活躍する小林 礼佳さん(左)と水野谷 めぐさん

ハーレーダビッドソンに関連した仕事に就く──選択肢は多々ありますが、今回お会いしたのは、千葉・市川の正規ディーラー「ハーレーダビッドソン グッドウッド」(以下、H-Dグッドウッド)でメカニック、そしてセールスとして活躍するふたりの女子ライダーです。自分よりも大きくて重いハーレーを修理・カスタムするテクニシャン小林 礼佳さんの技量はもちろん、GMセールスの水野谷 めぐさんも時にはビッグなストリートグライド(FLHX Street Glide ®)で走りに行かれるなど、同じ女性ライダーとしてもそのアクティブなバイクライフに刺激を受けます。

そんな彼女たちが“ハーレーを仕事にしようと思ったワケ”やハーレー愛、そしてこれから思い描いている将来について、お話を伺ってきました。

目指せ世界最高峰の女性テクニシャン!

ハーレーダビッドソン正規ディーラーのテクニシャンとして勤められている小林 礼佳さん。入門モデルとして最適なストリートやスポーツスターはもちろん、ソフテイルより上の重量級モデルの整備や点検、カスタムなどに携わられています。こんなに小柄な女性がソフテイルファミリーやツーリングファミリー、はてはトライクファミリーをも取り回しているかと思うと、最初は本当に驚きました……!

私たちがみなさんのハーレーライフを支えます!ハーレーに乗る女性スタッフが活躍する正規ディーラー「ハーレーダビッドソン グッドウッド」を直撃!!H-Dグッドウッドでテクニシャンとして勤める小林 礼佳さん

「ツーリングファミリーでも、ロードキング(Road King®)までですね。ウルトラリミテッド(FLHTK Ultra Limited)ロードグライド(FLTRX Road Glide®︎)とかになると、さすがに大きすぎて(笑)」

そう笑う小林さんがハーレーダビッドソンに興味を持ったのは幼少時、メカニックでもあったバイク乗りのお父様の影響から。なかでもハーレーダビッドソンへの興味は尽きず、高校を卒業した後にデザインの専門学校に通っていたものの、「バイクに関わる仕事がしたい」という想いが強くなり学校を中退。

「ハーレー専門のテクニシャンになろう」と、ハーレーダビッドソン正規ディーラーに勤める専門テクニシャンを要請する部門「ハーレーダビッドソン専科」を持つ「東京工科専門学校」(現 東京工科自動車大学校)に進学。約2年に渡ってハーレーダビッドソンの基礎から整備技術を徹底的に学び、二級自動車整備資格取得とともに卒業。そして現在の職場であるH-Dグッドウッドに就職されたのです。

東京工科自動車大学校の模様をレポートした記事はこちら。

私たちがみなさんのハーレーライフを支えます!ハーレーに乗る女性スタッフが活躍する正規ディーラー「ハーレーダビッドソン グッドウッド」を直撃!!ハーレーの話になると、自然と表情がほころんでくる小林さん

「2005年型のスポーツスターXL883を所有しています。デザインの専門学校を辞めたあと、21歳のときに普通自動二輪免許、大型自動二輪免許と一気に取得して、このスポーツスターを購入しました」

「ハーレーに乗りたい」という気持ちは私たちも大いに共感できるところ。それをさらに超えて「ハーレーの仕事がしたい」「メカニックになりたい」という強い想いが生まれた源はどこにあるのでしょう。

「テクニシャンを目指したのは、自分のスポーツスターを自分でメンテナンスできるようになりたかったから。ハーレーが好きすぎるのかな?(笑) 愛車のことも含めて、ハーレーのことをすべて理解したかったんです」

H-Dグッドウッドに勤めて今年で4年目の小林さん。今なお学ぶことは山ほどあるそうで、日々の業務には慣れてきたものの、「技術的な部分はまだまだ」と口元を引き締められます。

私たちがみなさんのハーレーライフを支えます!ハーレーに乗る女性スタッフが活躍する正規ディーラー「ハーレーダビッドソン グッドウッド」を直撃!!「もっともっとハーレーダビッドソンのことを知りたい、学びたいんです」と日々お客様のハーレーと向き合い、真摯に取り組む小林さん

「日々勉強ですね。工場長であるテクニシャン・笛木 好巳さんはどんなことでもできちゃう人で、いつも近くで学ばせてもらっています。テクニシャンという肩書きをいただいていますが、すべてを任されているわけではなくて、苦手なことも少なくありません。壁にぶつかることもしょっちゅうですが、乗り越えられたときの喜びがまたたまらなくて、もっともっとレベルアップしたい気持ちでいっぱいなんです」

着実にスキルアップとキャリアを積み重ねている小林さんの夢をお聞きしました。

「目標は、テクニシャンの最高位であるマスター・オブ・テクニシャンになること。ハーレーダビッドソンはテクニシャンのカリキュラムがしっかりしていて、全世界共通である5段階のランクがあるんです。今はまだ2段階と目標はまだまだ先ですが、日々精進しながら必ず達成したいと思っています」

こんな日本人の女性がマスター・オブ・テクニシャンに輝いたら……それこそ一大ニュースではないでしょうか。小林さんが夢を叶えられる日が楽しみですね!

そんなグッドウッドにいるもうひとりの”ハーレーに乗る女性スタッフ”水野谷 めぐさんにもお話を伺いました。

【次ページ:カフェレーサーに乗る彼女のハーレー愛に迫る!】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!

NEW ARRIVALS