再始動した HARLEY-DAVIDSON®×GraphersRock のコラボプロジェクト< RE_SEEK for FREEDOM>。ストリートロッドタンクデザインの全貌が明らかに!

HARLEY-DAVIDSON®とGraphersRockのコラボレーションプロジェクト<SEEK for FREEDOM>が、<RE_SEEK for FREEDOM>として1年ぶりに再始動。昨年は、GraphersRock/岩屋 民穂氏が独自の世界観から生み出したオリジナルデザインのIron 1200™を披露して大注目を集めた。2020年も岩屋氏とタッグを組み、今回は『ストリートロッド(XG750A Street Rod®)』のデザインに挑戦。なおかつ台数限定で販売するという画期的な仕掛けを用意した。前編では、昨年を振り返りつつ新プロジェクト名に冠された“RE”/Reply(リプライ)が意味する返答の真意をアートディレクターの岩屋氏たずねた。

後編ではついに2020年版のデザインを解禁! その発想から具現化に至るまでの裏話を交え、<RE_SEEK for FREEDOM>に託した思いのすべてを再び岩屋氏に語ってもらった。

目に見えないパワーの可視化

── いよいよストリートロッドがまとう<RE_SEEK for FREEDOM>のデザイン発表です。今回はフュエルタンクのみですね。

今回の“台数限定ながら実際に流通させる”という企画に則り、デザインする領域を絞った形となりました。しかし、タンクだけになったとは言え前回から見劣りしないよう、徹底的に全体のバランスを調整しました。量産型だからパワーダウンしたと思われるのは絶対に避けたかったので。

── 今回のデザインコンセプトは?

基本的には前回の「テクノロジー&ワイルディ」を踏襲しました。流通を念頭に置いたとは言え、コンセプトをガラッと変えるのも違う気がしたんです。「テクノロジー&ワイルディ」で表現したいのは、パワーの可視化です。バイク経験ほぼゼロの僕にしても、エンジンというパワーの源にまたがって疾走するというのはかなり特殊な体験で、そこが他の乗り物にない魅力だと思ってます。けれどパワーって目に見えないですよね。それをデザインで可視化していくというのが自分にとってのテーマでした。

── タンクの地に複雑な文様を描いたところは前回と似たパターンですね。

ええ。ただし前回はヒョウ柄で、今年は人体の毛細血管をイメージしました。テクノロジーの無機と人体の有機を掛け合わせたくて。そこに行き着いたのは、このデザインを考えているとき、マラソンの厚底シューズ規制のニュースに触れたのがきっかけでした。

── ランニングシューズがあれほど世間を騒がせたのも過去にないほどでしたね。

あのシューズに関して擁護派もけっこういましたが、僕は反対派で、なぜなら、陸上競技は人力でどこまでいけるかを競うべきで、テクノロジーの進化は重要ではあるけれど、それがどこまで介在するかは、どこかで明確に線引きすべきだと思ってます。その一方で、あの騒動で人体の可能性についても思いを巡らせました。肉体だけでどこまでいけるか? あるいは、できるだけ身にまとわない美徳とは何か? 物にあふれた事務所で仕事する僕が言うのも変ですが、テクノロジーに相対するワイルディの象徴となり得る毛細血管が頭に浮かんだのは、要するに一種の反動です。

かなりハマる、サイケでヒッピーな色調

── 前回の踏襲という点では、サイドに大きく描かれた「FREEDOM」の文字と、随所に展開するテキストが印象的です。

テキストに関しては、ああいうこちょこちょとした細かいディテールが好きという他にありません。前編でも話しましたが、モチーフになっているのは電化製品や工業製品の取扱説明書だったり規定表記。なにか規格的なアノニマスなディテールに対して以前から興味があります。

── 全体的な色調は、前回のブルーから白に変わりましたね。

ベース車両のストリートロッドのエンジン、サイドカバー、シートカウルがブラックなので、タンクのみデザイン変更するなら白が映えると思ったからです。実はメタリックな雰囲気にしたくて最初はシルバーを提案したのですが、今年もペイントを担当していただくGlanzさんとディテールについて相談して、白に落ち着きました。

── それにしてもまた色数が多い......。

そこは前回からパワーダウンさせないための方策の一つですね。しかも今回はタンクだけ変えるという制約の中でどうやって前回を越えていくか。その辺にはやはり2回目の難しさがあったのは事実です。それを踏まえてデザインしていくと、どうしても前回より色数が多くなり、さらに細かい線も増えていきました。これを3D化するのは大変だろうと思いましたが、Glanzさんなら今年もやってくれると勝手に信じ込んで思い切りデザインさせてもらいました。

── Glanzさんはやってくれますか?

現場での微調整はあるでしょうが、大丈夫。必ずイメージ以上のモノを仕上げてくれます。

このストリートロッドが誰かの一部になってくれたら

── その他、今回のデザインの見どころがあれば教えてください。

タンク上面のフュエルキャップの逆側に備えた円形の文様と、後方に備えたラインのデザイン。古代文明が残した謎のマークみたいでしょ?

── これにはどんな意味が?

目に見えない力を表現するデザイン、たとえばエナジードリンク類などのパッケージデザインを以前から収集、観察していて、佐藤 卓さんというアートディレクターがデザインした栄養ドリンクの「ゼナ」のパッケージには、まさしく解読不能な図形があしらわれているんですね。おそらく「飲めば元気になる」みたいな言葉を使っちゃいけない規制に対して、グラフィックデザインで人知を超えた謎のパワー感を表現していて、そういった部分に強く影響されています。

── 新たなデザインを通じ、マスプロダクトとして世に送り出すのが今回の<RE_SEEK for FREEDOM>の返答というお話が前編でありました。台数限定となりますが、GraphersRockデザインのストリートロッドはどんなふうに乗ってほしいですか?

大切にガレージに仕舞い込まれるのも悪くないですが、できたらあちこち連れだしてほしいですね。そしてこれを購入してくれた人と共に経験を積んで、多少の傷みを伴いがならも長く残ってくれたら最高です。たぶん僕は、製作途中の工場と塗装完成後しか見ることができませんが、様々な景色、または天気の中では僕らの知らない見え方をするはずです。そしてもしできれば、若い子が背伸びして手に入れてくれて、このバイクと共に感受性の強い時期を一緒に過ごしてくれたらとても嬉しいです。いずれにせよ自分の制作物が誰かの一部になってくれること。それが今回の<RE_SEEK for FREEDOM>に託した最上の願いです。

「タンクだけでもいいから僕も1台欲しい」と語った岩屋氏デザインの台数限定ストリートロッドは、ただ今鋭意製作中。完成した姿を見ていただき、このプロジェクトに関わった人々のReplyの真意をぜひ感じ取ってほしい。

Text:田村 十七男
Photos:Masato Yokoyama

COLLABORATOR

GraphersRock(グラファーズロック)

GraphersRock(グラファーズロック)

アートディレクター / グラフィックデザイナー 岩屋民穂によるデザインプロジェクト。パッケージ、広告、装丁、ファッションなど多岐にわたる分野で活動し、テクノ・レイヴカルチャーをベースにしたグラフィックが高い評価を集めているまた様々な企業・ブランドとのコラボレーションワークを展開し、グローバルリリースとなったPUMAとのコラボレーションライン「PUMA x GraphersRock」やハーレーダビッドソンとのコラボレーションワークによるコンセプトモデルバイク「SEEK for FREEDOM」を発表。これまでの作品を作品集「RASTERIZE」をDU BOOKSより刊行し、PARCO GALLERY XやWIRED Labなどでの個展の開催を行い高い評価を得ている。

BIKE LINEUP

Street Rod®

都会のストリートで味わう高揚感あふれるライディング。
レッドラインは9000rpm。
コーナーを切るリーンアングルは最大40度。
車の間を縫うように走れ。