HARLEY-DAVIDSON × GraphersRock
HARLEY-DAVIDSON

HARLEY-DAVIDSON®×GraphersRockのコラボプロジェクト再始動!<RE_SEEK for FREEDOM>の「RE」に託した意味とは?

HARLEY-DAVIDSON®とGraphersRockのコラボレーションプロジェクト<SEEK for FREEDOM>が、<RE_SEEK for FREEDOM>として新たに始動。昨年は、GraphersRock/岩屋 民穂氏が独自の世界観から生み出したオリジナルデザインのIron 1200™を披露。世代や性別、さらにカルチャーの壁を越えて大注目を集めた。

2020年もまた岩屋氏とタッグを結成。今回は『ストリートロッド(XG750A Street Rod®)』のデザインに挑み、なおかつ台数限定で販売するという仕掛けを用意した。 その新プロジェクト名に冠された“RE”が意味するのは、Reply(リプライ)=返答。果たして<RE_SEEK for FREEDOM>は、1年前のプロジェクトに対してどんな返答を発信しようとするのか? アートディレクターの岩屋氏本人にその真意をたずねた。

昨年のプロジェクトで若い世代に何かしらリーチすることができた

── まずお聞きしたいのは、ハーレーのオリジナルデザイン・プロジェクトを今回も担当する感想です。率直にどんな気分ですか?

世界的なブランドから2年連続でオファーをもらえるというのは、かなり珍しく、それだけに非常に光栄なことだと感じています。自分なりにその理由を推察してみると、前回の<SEEK for FREEDOM>の目的の一つだった、ハーレーとの縁が薄かった若い世代、つまり僕のデザインが届いていると思われる層に向けて、何かしらリーチすることができたからだろうと、そんなふうに考えています。とは言え非常に高価なプロダクトですから、昨年のアイアン1200を見てすぐにハーレーを購入するというのは稀かもしれません。ただ、彼らの中にハーレーの記憶が宿り、「いつかは!」という思いが刻まれたのであれば、プロモーションとしても成功ですよね。加えて、オリジナルデザインのハーレーをつくるだけでなく、僕と親交が深いゲストを招いていただいたお披露目イベントも企画され、総合的にハーレーの新しい表情が発信できたことも、このプロジェクトが再始動した原動力になったんじゃないでしょうか。

── 昨年のプロジェクトを経て、岩屋さんにはどんな影響がありましたか?

昨年の<SEEK for FREEDOM>お披露目イベントが終わった後、同世代の知り合いがハーレーを購入しました。あれはうれしかったなあ。それ以外だと、こうしてまた今年もお声がけいただいたのが最大の影響と言えるかもしれません。困った、というわけではありませんが、PUMAに続いてハーレーというビッグネームの仕事が連続したことで、変に巨匠っぽく見られるようになってしまいました。新しい仕事のオファーも、間接的に探りを入れるような形で入ったりして……。僕自身は特に変わっていないので、できればこれまで通りシンプルに、むしろ雑に扱ってほしいと、この場を借りてお願いします(笑)

自分が手掛けた製品が誰かの一部になる価値

── 今回のプロジェクト名には「RE」がつきました。返答を意味するReplyですが、その意味について教えてください

ハーレーをデザインしてお披露目するというのが昨年のプロジェクトの流れでしたが、それですべてが終わった感じにはなれませんでした。なぜそんな消化不良のような気分が込み上げたかというと、流通するプロダクトモデルにはできなかったからです。計画の当初では製品化の話も出ました。しかしその時は世界に1台のコンセプトモデルの完成を目指すことになった。もちろん異論はありませんでした。デザイナーとしてあれほど特異なデザインを許してもらえる機会は滅多にあるものじゃないですし。けれど、マスプロダクトに落とし込めなかったことが個人的に気がかりだったのは事実です。

── 製品化にこだわるのはなぜですか?

それも考えてみたんです。まずデザイナーとしての出発点が、宝島社が出版していた週刊誌だったことが大きいんですね。自分が関わった雑誌が本屋やコンビニや駅の売店で売られている様子がすごくおもしろかった。それが僕の商業デザインの原体験です。その後にTシャツやスニーカー、CDジャケットなどのデザインに取り組んでみて、それらが誰かの大切なものになることにデザイナーとしての意味を感じるようになりました。「今日のスタイル」みたいなタイトルで、Tシャツやスニーカーをインスタに上げてくれるとうれしいじゃないですか。自分が手掛けた製品が誰かの一部になる。そこは僕にとって重大な価値がある。

── すると今年のプロジェクトで伝えたかったREは、台数限定販売が叶ったということですか?

少なくとも僕にとってはそうです。昨年はできなかったハーレーとのコラボがプロダクトになるというのは、やはり今年ならではの大きな返答になると思います。

好きなカルチャーの源流はすべてアメリカだった

── しかし、昨年の激しいデザインをまとったアイアン1200をあのまま販売するというのは現実的に難しかったでしょうね。

今だから話しますが、最初のオファーはフュエルタンクのデザインだけでした。それをフルでやりたいと申し出たのは、実は僕です。バイクのこと何も知らなかったのに(笑)。

── そのバイクを知らないからこそ発想できたデザインに、ペイントを担当したGlanzの代表は賛辞を贈っていましたね。

怖いもの知らずって本当に怖いですよね(笑)。ペイントに関しても、二次元から三次元に移し替える具体的な手法を知っていたら、あんなデザインはできなかったかもしれません。その点ではGlanzさんに大変お世話になりました。今回もかなり悩ませることになりそうです。

── あのデザインでは、テキストの使い方が非常に斬新でした。

昨年のデザインコンセプトは「テクノロジー&ワイルディ」でした。各所に配したテキストは、電化製品に同封されている注意書きからインスパイアされたものです。その手の資料は僕の事務所の至るところに収まっています。そうした細かいテキスト表現が、実際のハーレーの上で実現可能かどうかなどまるで考えずにデザインしました。出来る範囲で100パーセント全開でしたね。それをGlanzさんが150パーセント以上の力で仕上げてくれました。

── 前編の最後に改めてたずねます。岩屋さんのハーレー・イメージとは?

バイクに興味を持っていなくても王様の印象が強いですよね。そこまではっきりと共通イメージが抱けるブランドって、他に何があるだろう? 僕自身で言えば、映画の『イージーライダー』は知っていましたから、アメリカンカルチャーのシンボルというイメージを持っていました。あるいは自由の象徴……。 これは最近気づいたことなんですが、僕が好きなカルチャー、音楽やアウトドア、それから今では仕事道具になっているMacも、その源流をたどっていくとすべてアメリカに行きついちゃうんです。クラブミュージックはウッドストックに。アウトドアはヒッピーに。僕の中にある『イージーライダー』に紐づいたハーレー・イメージも、ウッドストックやヒッピーとつながっている。2度目となる今回のプロジェクトでは、そんな縁の不思議さを強く感じました。

「ハーレーとのコラボがプロダクトになる」という試みが、<RE_SEEK for FREEDOM>に込められた返答だと語った岩屋氏。さて後編では、今回のプロジェクトの核を成す新デザインを公開。そのコンセプトを再び岩屋氏に語ってもらう。

Text:田村 十七男
Photos:Masato Yokoyama

COLLABORATOR

RE_SEEK for FREEDOM

GraphersRock(グラファーズロック)
アートディレクター / グラフィックデザイナー 岩屋民穂によるデザインプロジェクト。パッケージ、広告、装丁、ファッションなど多岐にわたる分野で活動し、テクノ・レイヴカルチャーをベースにしたグラフィックが高い評価を集めているまた様々な企業・ブランドとのコラボレーションワークを展開し、グローバルリリースとなったPUMAとのコラボレーションライン「PUMA x GraphersRock」やハーレーダビッドソンとのコラボレーションワークによるコンセプトモデルバイク「SEEK for FREEDOM」を発表。これまでの作品を作品集「RASTERIZE」をDU BOOKSより刊行し、PARCO GALLERY XやWIRED Labなどでの個展の開催を行い高い評価を得ている。

RE_SEEK for FREEDOM

BIKE LINEUP

RE_SEEK for FREEDOM

Street Rod®

都会のストリートで味わう高揚感あふれるライディング。レッドラインは9000rpm。コーナーを切るリーンアングルは最大40度。車の間を縫うように走れ。