「Instant Jam」MV完成!「デジタル」と「アナログ」を融合させたユニークな映像表現

ハーレーファミリーの“異端児“、『ストリート750(XG750 Street® 750)』『ストリートロッド(XG750A Street Rod®)』をフィーチャーしたプロジェクト『STREET×STREET』。2018年のVol.02ではスタイリッシュな音楽性で注目を集める福岡の4人組バンドAttractionsと、アーバンで軽快なイメージが印象的な2モデルの魅力が融合し、ストリートから新たな風が生まれた。そのキャンペーンソングとなる「Instant Jam」のMV撮影が、9月某日、都内某所で行なわれた。

Attractionsが醸し出すスタイリッシュな佇まい

先日公開されたインタビューでメンバーが語ってくれた通り、Attractionsが手がけた今年の『STREET×STREET vol.02』のキャンペーンソング「Instant Jam」は、バンドが新たな音楽性を追求して完成させた楽曲。それがハーレーファミリーに新鮮な価値観をもたらしたストリート750とストリートロッドのイメージとシンクロし、新しい場所へと辿り着いた。

そうしたキャンペーンソングのテーマに合わせて、今回はMVでも斬新なギミックが取り入れられ、「デジタル」と「アナログ」を融合させたユニークな映像表現が追求された。

まずは撮影スタジオにメンバーが登場すると、後に今回のMVで活かされることになる、それぞれのソロカットを撮影。TARO(Vo)、TAKE(G)、JUN(B)、AKIRA(Dr)の4人が影が際立つクールなライティングの中で、実際に歌や演奏を繰り広げながら、歌唱/演奏シーンを撮影していく。フロント、サイド、斜めロー、ミドル、寄り、引きなど様々なバリエーションが映像に収められた。

こうした各メンバーの演奏時には、他のメンバーもスタジオ内でモニターを観ながら様子を見守り、ときには「よりライブ感を出す」ために、ボーカルのTAROが他メンバーの熱いプレイに合わせて踊ったり、拍手をして演奏中のメンバーを盛り上げたりする瞬間も。こうした撮影時の雰囲気は、完成した演奏シーンでの熱い表情に反映されているはずだ。

続いてメンバー全員が集結し、スタジオにアンプを持ち込んでバンド全員での演奏シーンの撮影がスタート。今度は4人の演奏が互いに連動し、映像にもバンドならではのグルーブが生まれていく。4人が横一列に並んだ際のスタイリッシュな佇まいは、まさにストリート750やストリートロッドの魅力とも繋がるような雰囲気だった。

 

ハーレーとの共演で互いの魅力を引き出す

昼過ぎにはいよいよ、2台のハーレーが撮影スタジオに登場! ストリート750とストリートロッドはコンパクトでありながら、広いスタジオ内にあっても重厚な存在感を放つ。早速メンバーとハーレーとが一緒になって撮影がスタートし、両者が映像でも互いの魅力を引き立て合う姿が印象的だった。

ハーレーのサイドミラーにメンバーの顔を映すなど、技アリの映像美を撮影する瞬間や、ハーレーの各パーツの魅力が改めて感じられるような映像も収められた。

 

休憩中にはメンバーがハーレーのもとに向かい、独特のフォルムやシートやステップ、ハンドルバーの感触を確かめる一幕も。また、メンバーそれぞれがセットの外で各自楽器を手にし、撮影に向けて肩を馴らすように準備をする風景も印象的だ。いいプレイを収められた瞬間には、それぞれのメンバーが互いを讃え合う瞬間もあり、撮影は順調に進んでいく。

後半は、ライティングをより暖色のものに変えてふたたび演奏シーンなどを撮影。序盤のクールで抑制の効いた映像美とは異なり、ここでは淡い光が効果的にメンバーを照らし、より演奏時の表情や熱量がダイレクトに伝わってくるような効果が生まれていた。
ここではTAROのソロカット時に楽曲の冒頭で鳴るクラップに合わせて手を叩くシーンも撮影。このクラップはライブでの観客の手拍子を想像したもので、今回の楽曲に込められたストリートから生まれるエネルギーや、ストリートの魅力を象徴するシーンでもある。

 

また、スタジオ内に敷いた横移動のレールを使って臨場感溢れるカメラワークを実現するなど各カットが非常にこだわっているため、完成版ではそこにも注目していただきたい。

最後はふたたび全員で撮影し、約7時間に及ぶメンバー撮影は終了。その後今回のMVの肝となるギミック部分の撮影が行なわれ、「Instant Jam」のMV撮影の全工程を終えた。

 

ユニークなギミックが光るMVが完成

そうして完成したのがこのMV。「デジタルとアナログとの融合」というテーマそのままに、メンバーの熱い演奏風景やハーレーのダイナミックな映像美を収めた様々なフレームが、人の手によって組み替えられ、移動するユニークな映像美が詰まった作品となった。

キャンペーンソングとMVが完成し、『STREET×STREET Vol.02』はいよいよ本格的に走り出していく。ハーレーの異端児として未開の地を切り拓くストリート750&ストリートロッドと、気鋭のロック・バンドAttractionsのタッグが次に何を引き起こすのか。これからますます目が離せそうにない。

 

Text:杉山 仁
Photos:横山 マサト

Attractions×ハーレーダビッドソンによる
オリジナルソング“Instant Jam”
YouTube公式チャンネルでMV公開中!

Attractions公式チャンネルはこちら

CAMPAIGN HERO

2016年結成。UKロックを原点に、俄かに全国から熱い視線を集める福岡のニューストリートカルチャーの一翼を担うバンド。福岡・大名にあるアパレルショップ、BINGOBONGOグループが新たに立ち上げた音楽レーベル“GIMMICK-MAGIC”の第一弾アーティスト。

2017年8月28日、福岡発世界基準の音を鳴らすべくデビュー曲『Knock Away』を配信リリース。 Spotifyでは「Early Noise」「Tokyo Rising」など数々の主要プレイリストを網羅。異例の60万回再生を超え、 Apple Musicでは「今週のNEW ARTIST」に大抜擢。 10月4日発売のEP「Attractions」リリースイベントではyahyel、韓国からKIRINを招きチケットは即ソールドアウト。

2018年3月のサウス・バイ・サウスウエストに出演。ライブを観た現地関係者からのラブコールで急遽追加公演が決定するなど、当地でも反響を呼んだ。6月13日に新曲「Leilah」を配信限定リリース、この夏にはSUMMER SONIC 2018やSUNSET LIVE 2018など大型フェスへの出演も控えている。

LINEUP

モデル紹介

ストリートを駆け抜けるために生まれたアーバンスポーツが、
HARLEY-DAVIDSONの『ストリート750(XG750 Street® 750)』
そして『ストリートロッド(XG750A Street Rod®)』だ。

こうでなければならないという固定概念を捨て去るかのようにクロームパーツを排し、全身をダークカスタム。
新しい価値観やライフスタイル、そしてストリートカルチャーと共鳴するかのように
排気量750ccの『Revolution X(レボリューション X)』がビートを刻む。

ストリート750(XG750 Street® 750)

都会がよく似合うアグレシッブなスタイルの2台だが、
よりローアングルに身構え、
自由にカスタマイズできる真っ新なキャンバスとしているのが、
ベーシックモデルとなるストリート750。
誇り高きタンクメダリオンを備え、
究極のプラットフォームとなる車体は
自分自身をアピールするのにうってつけの素材でもある。
そのままスマートに乗るもよし、
自分好みにアレンジを加えるもよし、すべては自由。
イージーなライディングフィールだからこそ、
都会の喧噪さえも楽しくて仕方がない。
より足着き性が良く、扱いやすいのが持ち味だ。

『ストリート750(XG750 Street® 750)』

STREET® 750

¥ 975,000〜

Dark Custom™スタイルのボディが秘めた
750 cc Revolution X™ V ツインエンジンの
鮮烈なパフォーマンス

ストリートロッド(XG750A Street Rod®)

そして、アドレナリン全開のスポーツライディングの
虜となってしまっても構わないのなら
ストリートロッドを選べばいい。
バーエンドミラーを備えたドラッグスタイルハンドルバーを
握った瞬間から、パワフルなエンジンに
酔いしれることになるだろう。
スピードスクリーンに身を伏せるクラウチングスタイルで、
気怠い日常をすべて置き去りにしてしまう
強烈なダッシュに備えよ。
身のこなしが軽く、コーナーでは切れ味鋭いハンドリングで、
思うがままに右へ左へ車体が言うことを聞く。
猛獣を自在に操るこの快感は、
まるでストリートを征したかのような気分だ。

『ストリートロッド(XG750A Street Rod®)』

STREET ROD®

¥ 1,070,000〜

求めれば、それに応えてくれる。
走りを極めるために生まれたモデルStreet Rod®

メールマガジン配信中

登録はこちらから