ハーレー×Attractionsのコラボソングがついに完成!「ストリート」をキーワードに制作した曲の背景を語る

ハーレーファミリーの“異端児”と呼ぶべき魅力を持ったモデル『ストリート750(XG750 Street® 750)』『ストリートロッド(XG750A Street Rod®)』をフィーチャーしたプロジェクト「STREET×STREET」。その2018年度のキャンペーンヒーローを務めるAttractionsによるキャンペーンソング「Instant Jam」が完成した。この曲は彼らの「等身大」「リアル」をテーマに、歌詞ではTARO(Vo)の故郷・ジャカルタの多様性に溢れたストリートを描写。音楽的にもこれまでのAttractionsの楽曲にはなかった新たな挑戦が込められ、ハーレーダビッドソンとフレッシュに共鳴することに成功している。完成したばかりのキャンペーンソングについて、TARO(Vo)、TAKE(G)、JUN(B)、AKIRA(Dr)に聞いた。

自分たちの「リアル」、「等身大」を意識した曲作り

──今回「STREET×STREET vol.02」のキャンペーンソング「Instant Jam」が完成しましたね。この曲はどんな風に制作したものだったんですか?

TAKE:今回の曲は、普段のAttractionsの曲とはまた違う雰囲気の楽曲になったと思っています。僕らの場合、いつもはもっと非現実的なことをテーマにすることが多いですけど、今回はキャンペーンのキーワードでもある“ストリート”であったり、あとはリアルなリズムやコード感、シンセの音を意識しました。

TARO:これまでのAttractionsにはないノリになっていると思います。

──今まではTAKEさんがカッティング・ギターを多用することがAttractionsのイメージになっていましたが、この曲はまた少し雰囲気が変わっていますね。

TAKE:そうですね。今回は正直にジャカジャカッとギターを鳴らして、土臭さを意識しました。シンセのフレーズも、オリエンタルなものになっています。

──もともと、Attractionsの楽曲はどんな風に作っていくことが多いんでしょう?

TAKE:基本的にはあらかたの構成までを自分が持ってきて、バンド・メンバーに渡します。

JUN:そこから「ここはこう弾こうとしてるんだけど、どうかな?」「もうちょっとここは抑えたほうがいいね」とメンバーで相談しながら作曲する形ですね。

TARO:歌詞に関しては僕に任されて作ることが多くて、自分が感じた曲のイメージから考えて書いていくことが多いです。おそらくメンバーにとっては、毎回歌詞が出来上がった時が一番のサプライズって感じですかね(笑)。

──楽曲を聴いて連想したことを歌詞としてつけていくんですね。

TARO:そうですね。これは歌のメロディに関しても一緒です。今回の「Instant Jam」の歌詞はハーレーのストリートファミリーのことを考えながら作りました。自分的には、幼少期に過ごした故郷ジャカルタのストリートのことを思い起こさせるな、と思って、その雰囲気について書いていきました。インドネシアのストリートって和気あいあいとしていて、考え方もすごくフリー(自由)な雰囲気なんです。日本人は羞恥心が強い人も多いですけど、「そんなこと気にせずに踊ろうよ。一緒に楽しもう!」という気持ちを引き出せたらいいな、と思って歌詞を書いていきました。

TAKE:Attractionsにとっての「等身大」や「リアル」を意識した楽曲ですね。自由にやってみよう!っていう気持ちというか。

ストリートから生まれた「自由」で踊れる曲

──アレンジ面では、冒頭からライブで映えそうなクラップが入っていたり、サビの部分ではホーンを使って抜け感が生まれていたりと、色々な要素が加わっています。

TAKE:アレンジはプロデュースを担当してくれた山本 幹宗さんと一緒に考えて、クラップについてもかなり意識的に入れました。みんなで踊りやすいように。

JUN:そういう意味では、自由度のある曲で、ライブで雰囲気が変わると思うんですよ。ある意味お客さんとセッションをするような感覚の曲になるのかな、と思っています。

――Attractions自体が「同じ匂いを感じるメンバーが集まって結成された」と語ってくれましたが、そういうストリートの中で生まれたものが表現されていますね。

TARO:まさにそうだと思います。僕がインドネシアのストリートを連想したのもたぶんそうで、インドネシアって、(ひとつの国に約300の民族が暮らしているため)共通ルールがめちゃくちゃなんです。でも、それに対して誰も文句を言わないんですよね。曲を聴いて、そういう色々な人が集まっているような場所を想像しました。

――なるほど、ハーレーダビッドソンには「FREEDOM=自由」というブランドメッセージがあります。その部分とも自然とリンクした部分があるのかもしれませんね。

TAKE:そうですね。この曲ではブラックミュージック的なノリをかなり意識しました。ダンサブルなのは間違いないですけど、これまでは本当にストレートな構成の曲が多かったので、そこから離れてみたかったんです。なおかつ自然に身体がのるような“踊らせる”曲を作りたいなと。

AKIRA:僕は最初、フィルインも含めて跳ねていこうと思っていましたが、レコーディングのときにプロデューサーと話し合って、ストレートに跳ねないリズムに方向転換しました。自分の中から自然に出てきた楽曲アプローチではなかったので、普段とは違う雰囲気を感じました。ハーレーとのタイアップ曲にするなら、(新しい化学反応が起こった)この曲が合っているかもしれない、と自分の中では思っていますね。

JUN:僕はグルーブを引っ張ることや、余裕を持ってゆったりとプレイすることを心掛けました。

ハーレーには高揚感と優しさを感じる

――特にハーレーを意識した個所はありますか?

TAKE:ストリート750とストリートロッドは、ハーレーのこれまでの既成概念を壊していくような種類のバイクだと思うんですけど、僕らとしても、この曲はこれまでに自分たちがやったことのないことを追究した楽曲でもあって、そういうところが共通していると思いますね。バンドとしても今までとはまた違った面、こういう曲もできるフットワークの軽さや幅の広さを感じてもらえたらいいなと思っています。

TARO:僕の場合、以前ハーレーに乗せてもらったときに、ドキドキ感やワクワク感を感じると同時に、優しさのようなものも感じたんですよ。ハーレーが好きな人たちや、その人たちのハーレーへの想いを想像しました。そういう部分もこの曲ができたことに繋がっていると思います。

JUN:Attractionsはこれまで非現実的な、理想の世界を描いていた曲が多かったですけど、今回はそこにTAROの実際の思い出が入ってきたりするような、リアルな雰囲気を感じてもらえると嬉しいです。

――曲を聴いてくれる人たちには、どんな風に楽しんでもらいたいと思っていますか?

AKIRA:自分たちの今と、ハーレーが常に新しく打ち出していることにすごく接点を感じています。この曲を聴いてくれる人も、何か自分の新しいものに投影して聴いてもらえると嬉しいです。

JUN:この楽曲を通して、バイク好きの人が音楽を好きになってくれたり、音楽好きの人がバイクを好きになってくれたり――。とにかく色んな人に聴いてもらいたいです。

TARO:「Instant Jam」を聴いてくれた人にとって、ハーレーに乗っているときの感覚を思い出したり、ハーレーに乗りたいと思ってもらえるようなものになればいいなと思います。とにかくこの曲を楽しんで聴いてもらいたいですね。

TAKE:ハーレーが打出すメッセージと重なる、今のAttractionsのリアルを体験してもらいたいです。

撮影協力:RISE UP KEYA
Text:杉山 仁
Photos:横山 マサト

Attractions×ハーレーダビッドソンによる
オリジナルソング“Instant Jam”
YouTube公式チャンネルでMV公開中!

Attractions公式チャンネルはこちら

CAMPAIGN HERO

2016年結成。UKロックを原点に、俄かに全国から熱い視線を集める福岡のニューストリートカルチャーの一翼を担うバンド。福岡・大名にあるアパレルショップ、BINGOBONGOグループが新たに立ち上げた音楽レーベル“GIMMICK-MAGIC”の第一弾アーティスト。

2017年8月28日、福岡発世界基準の音を鳴らすべくデビュー曲『Knock Away』を配信リリース。 Spotifyでは「Early Noise」「Tokyo Rising」など数々の主要プレイリストを網羅。異例の60万回再生を超え、 Apple Musicでは「今週のNEW ARTIST」に大抜擢。 10月4日発売のEP「Attractions」リリースイベントではyahyel、韓国からKIRINを招きチケットは即ソールドアウト。

2018年3月のサウス・バイ・サウスウエストに出演。ライブを観た現地関係者からのラブコールで急遽追加公演が決定するなど、当地でも反響を呼んだ。6月13日に新曲「Leilah」を配信限定リリース、この夏にはSUMMER SONIC 2018やSUNSET LIVE 2018など大型フェスへの出演も控えている。

LINEUP

モデル紹介

ストリートを駆け抜けるために生まれたアーバンスポーツが、
HARLEY-DAVIDSONの『ストリート750(XG750 Street® 750)』
そして『ストリートロッド(XG750A Street Rod®)』だ。

こうでなければならないという固定概念を捨て去るかのようにクロームパーツを排し、全身をダークカスタム。
新しい価値観やライフスタイル、そしてストリートカルチャーと共鳴するかのように
排気量750ccの『Revolution X(レボリューション X)』がビートを刻む。

ストリート750(XG750 Street® 750)

都会がよく似合うアグレシッブなスタイルの2台だが、
よりローアングルに身構え、
自由にカスタマイズできる真っ新なキャンバスとしているのが、
ベーシックモデルとなるストリート750。
誇り高きタンクメダリオンを備え、
究極のプラットフォームとなる車体は
自分自身をアピールするのにうってつけの素材でもある。
そのままスマートに乗るもよし、
自分好みにアレンジを加えるもよし、すべては自由。
イージーなライディングフィールだからこそ、
都会の喧噪さえも楽しくて仕方がない。
より足着き性が良く、扱いやすいのが持ち味だ。

『ストリート750(XG750 Street® 750)』

STREET® 750

¥ 975,000〜

Dark Custom™スタイルのボディが秘めた
750 cc Revolution X™ V ツインエンジンの
鮮烈なパフォーマンス

ストリートロッド(XG750A Street Rod®)

そして、アドレナリン全開のスポーツライディングの
虜となってしまっても構わないのなら
ストリートロッドを選べばいい。
バーエンドミラーを備えたドラッグスタイルハンドルバーを
握った瞬間から、パワフルなエンジンに
酔いしれることになるだろう。
スピードスクリーンに身を伏せるクラウチングスタイルで、
気怠い日常をすべて置き去りにしてしまう
強烈なダッシュに備えよ。
身のこなしが軽く、コーナーでは切れ味鋭いハンドリングで、
思うがままに右へ左へ車体が言うことを聞く。
猛獣を自在に操るこの快感は、
まるでストリートを征したかのような気分だ。

『ストリートロッド(XG750A Street Rod®)』

STREET ROD®

¥ 1,070,000〜

求めれば、それに応えてくれる。
走りを極めるために生まれたモデルStreet Rod®

メールマガジン配信中

登録はこちらから