Touch The Freedom
ARTICLE

70’sのフリーダムなエッセンス漂うアイアン1200とフォーティーエイト スペシャル!ブルースカイヘブンの試乗会を目前に車両を徹底チェック

2018.05.02

目を惹くのは大胆に迫り上がったトールボーイハンドル

フォーティーエイト スペシャルもまた、『ハーレーダビッドソン フォーティーエイト(XL1200X Harley-Davidson Forty-Eight®)』という人気モデルから生まれたバリエーションモデルです。
前後16インチのタイヤサイズや他のスポーツスターよりインナーチューブ径が10mm太い49mm径のたくましいフロントフォーク、容量7.9リッターの小振りなフューエルタンクといった車体構成をそのままに、グロスブラック仕上げで大胆に迫り上がった「トールボーイハンドル」をセットし、フォルムを一新しました。

アイアン1200がブラックパーツで統一する“ダークカスタム”を強調する一方で、フォーティーエイト スペシャルではクロームパーツが効果的に使われ、差別化が図られているのも見逃せません。
プッシュロッドチューブやプライマリーカバー、タペットカバーなどのクロームが鮮やかで、“スペシャル”の名に相応しいゴージャスさ。ブラックパーツと対照をなし、存在感を際立たせているのです。

フォーティーエイト

フォーティーエイト スペシャル

夢中になって見ていると、さらに細かい所にフォーティーエイトと異なる専用パーツが用いられていることに気付きます。
フォーティーエイトならではのアンダーマウントミラーは採用が見送られていますし、エキゾーストのヒートシールドやベルトカバーに施されるスリッドや穴開け加工もフォーティーエイト スペシャルには装備されていません。

フロントエンドの迫力が増し、堂々たるスタイル。贅肉を削ぎ落とした車体に、セブンティーズのレトロなエッセンスが加わり、唯一無二の特別なスポーツスターという存在感を醸し出しています。

そのライドフィールはブルースカイヘブンで!

ざっと駆け足で見てきた、アイアン1200とフォーティーエイト スペシャル。それぞれに強烈な個性を持つ2台ですが、2018年5月19日(土)・20日(日)に開催されるブルースカイヘブン2018では実車が展示され、さらに特別試乗プログラム『フリーダム・オン・サーキット』では富士スピードウェイ本コースでこの2台に試乗いただけます。ハーレー115周年を祝う今年のブルスカで、ぜひアイアン1200とフォーティーエイト スペシャルの乗り味を楽しんでください!

Text:モーターサイクルジャーナリスト 青木 タカオ

BLUE SKY HEAVEN 2018

開催概要
BLUE SKY HEAVEN (ブルースカイヘブン)
▼開催日時:2018年5月19日(土)〜20日(日)
・5/19(土)OPEN 06:00/START 09:00/END 21:00
 ※ライブパフォーマンス:12:00開演 / 17:30終演
・5/20(日)START 08:30/END 15:00/CLOSE 16:00
▼開催地:富士スピードウェイ
・『BLUE SKY HEAVEN 2018』スペシャルサイト
 http://www.harley-davidson.co.jp/bsh/

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!

NEW ARRIVALS