Touch The Freedom
ARTICLE

ハーレー新時代の幕明け!ALL NEWソフテイルファミリーの誕生。ハーレーダビッドソン2018モデルを青木タカオさんが試す!!

2017.09.15

ジャジャ馬ぶりはそのままに、加速がより強烈になったブレイクアウト

取り付け角を深く寝かせたフロントフォークには、迫力のフロントエンドを決定づける大径21インチのカスタムホイールがセットされ、惚れ惚れするほどの存在感とインパクトを見る者に与えているが、ライディングフィールもまた強烈そのもの。
しかし、決してニュートラルとは言えないクセのあるハンドリングも、新型シャーシとなって扱いやすいものとなっている。240mmのリアタイヤはしっかりと路面を捉え、ミルウォーキーエンジンの強靱なトルクを効率よくダッシュ力に変えている。
ハンドルまわりをスッキリとさせているのは、メーターがハンドルライザーにビルトインされたことに尽きるだろう。速度やエンジン回転数などをデジタル表示し、燃料残量も確認可能。各種インジケーターもコンパクトに集約し、カスタムムードを高めた。

拳を空に突き上げて乗るミニマリスト、ストリートボブ

ミニエイプハンドルバー、レースデザインホイール、ソロシート、チョップドフェンダー、フォークブーツ、小振りなLEDヘッドライトとフューエルタンクで、チョッパースタイルにまとめあげたストリートボブ。

ツインショックのダイナフレームを改め、走りに切れ味がなくなってしまうのではないかと懸念したが、その心配は無用だった。
モノショックで走りのポテンシャルを高め、ますますワイルドなキャラクターに。100/90B19のフロントタイヤがシャーシと絶妙なマッチングを見せ、ワインディングで次々と迫り来るコーナーもハイスピードで容易くクリアしていくことができる。
ストイックにライディングを突き詰めたくなる硬派なモデルだ。

魅力をますます高めたソフテイルファミリー

こうして駆け足で、カリフォルニアでテストライドした2018年式ソフテイル各モデルについて解説してきたが、今回のソフテイルフレームの大刷新は、ハーレーダビッドソンの歴史に残る出来事であったと、将来振り返った時に評されるだろう。
コーナリング性能や乗り心地などライディングのポテンシャルを飛躍的に向上させたことで、他のファミリーとの差別化が明確になり、その魅力をますます高めている。
ソフテイル全8モデルを見てもそれぞれの個性が際立ち、ファットボブのようなスポーティ路線に振った挑戦的なバイクがある一方で、デラックスやヘリテイジ クラシックのように昔ながらのフィーリングをうまく受け継いでいるモデルがあるのも好感が持てた。
新しい歴史の幕明けを感じずにはいられない、ニュー・ソフテイルファミリーの誕生である。

Text:モーターサイクルジャーナリスト 青木タカオ
画像提供:ハーレーダビッドソン ジャパン

PHOTO GALLERY

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!
PREV

POPULAR RANKING

NEXT

NEW ARRIVALS