Touch The Freedom
ARTICLE

ハーレー新時代の幕明け!ALL NEWソフテイルファミリーの誕生。ハーレーダビッドソン2018モデルを青木タカオさんが試す!!

2017.09.15

ダークでモダンに変貌を遂げたヘリテイジ クラシック

「懐古主義とは決別した」
そう言わんばかりの目覚ましい進化だ。
ウインドシールド、ディープフェンダー、クロススポーク仕様のホイール、サドルバッグ、ヘリテイジのネーミングが示すとおり、いにしえのハーレーダビッドソンのムードを色濃く残す装備の数々だが、すべてが新しさに満ち溢れているではないか。
エンジンはスタンダードでも充分に力強いが、114ciへのアップグレードという選択肢もある。
長い距離、ハイウェイを走っていてありがたいのは、ウインドプロテクション効果の高いシールド。そしてさらにソフテイルファミリー唯一となるオートクルーズコントロールの搭載が、ロングライドでの強い味方となった。
そのクルージングのポテンシャルは、ツーリングファミリーに肉薄するものがある。

走りの次元をワンランク高めたデラックス

従来モデル比17kgの軽量化を実現。ソフテイルファミリーで、もっともウェイトを落としたモデルがデラックスだ。
重厚なライドフィールを、新型では安定性を欠くことなく身のこなしの軽いものに躾けてある。空冷Vツインの鼓動感をゆっくりと味わいつつ流すのも相変わらずいいが、ワインディングではワンランク上のスポーティな走りが楽しめるようになった。
クロススポーク仕様のホイールに組み合わせたディープフェンダーやホワイトウォールタイヤ、クローム仕上げのエンジンやオイルタンク、トゥームストーン型のテールランプなどノスタルジックな装備はいずれもクオリティの高さを感じるもので、どこへ行っても視線を集めてしまう。ゴージャスな気分でライディングを満喫することができた。

シンプルで美しいボバーカスタム、ソフテイル スリムは走りも俊敏

新型ソフテイルフレームの美しいフォルムを最もシンプルに体現しているのがソフテイル スリム。
ブレース付きのハンドルバーやタンクコンソールに配置された大径メーター、タックロール仕上げのソロシート、クロススポーク仕様のホイール、いずれも正真正銘のビンテージスタイルと言える。
余計なものを省いた車体には短いフェンダーがよく似合い、クロームのフィニッシュも最小限にとどめた。スリムなテールセクションはスッキリとまとめられ、ストップランプはウインカーと一体式になっている。
しかし、このモデルの魅力はその美しいスタイルだけではない。シェイプアップを果たしたボディが生む走りは、俊敏そのもの。ミルウォーキーエンジンの力強さをダイレクトに味わえるといった印象だ。

【次ページ:加速が強烈になったブレイクアウト】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!
PREV

POPULAR RANKING

NEXT

NEW ARRIVALS