Touch The Freedom
ARTICLE

SANABAGUN.高岩 遼と隅垣 元佐が純正ヒーテッドギアを装着し、スポーツスターで都内を駆ける!

2018.03.02

寒い日のツーリングの強い味方「ヒーテッドギア」の威力を体感!

実は、今回ふたりには「ヒーテッドギア」を利用してもらった。2月の寒空の下のライディングとあって、ふたりともその快適さ、暖かさに目を丸くするばかり。

高岩「暑いくらい! これがあれば、真冬でもどこまででも走れちゃうよ!」

隅垣「こんなすごいものがあったなんて……。冬場はもう手放せないじゃん!!」

右:ハーレーダビッドソン ジャパン PAM・河村 拓男氏

二人は出発前に、ハーレーダビッドソン ジャパン PAM に所属するパーツ&アクセサリーのスペシャリスト・河村氏に使い方のレクチャーを受けていた。

河村 「3段階に温度調整でき、もちろんOFFにすることも可能です。肩や背中などに熱源となる電熱線が通っていますが、キモは首もともしっかり暖めてくれることですね」

トップス:HEATED-JKT/Heated BTC 12V Jacket Liner 商品番号 98297-17VM ¥40,700(税込)

グローブ:HEATED/Heated BTC 12V Waterproof Gauntlet Gloves 商品番号 98298-17VM ¥33,200(税込)

河村氏はヒーテッドギアの性能に絶対の自信を持っていたが、使ってみるとその言葉にもふたりも納得であった。

バイクのバッテリーにハーネスを接続

このボタンで3段階の温度調節が出来る

スポーツスターファミリーを乗り比べる二人、その感想は?

少し走ると、どちらが言うまでもなくバイクを交換。ふたりとも本当にオートバイが好きなのだ。いろいろな機種に乗ってみたくて仕方がない。
すると、跨った途端にまた話しが止まらない。

隅垣「フォーティーエイトは両足を前に投げ出すスタイルでゆったりとした気持ちになるけど、ロードスターは上半身が前傾気味になってアグレッシブな走りがしたくなる!」

高岩「どっちが好きとは決められないけれど、同じ車体、同じエンジンなのに、2台のキャラクター、乗り味はまるで違う!!」

それぞれに持ち味のあるロードスターとフォーティーエイトに、二人とも興味津々。タイヤの太さやフロントフォークの違い、2台のタンク容量の違い(ロードスターは12.5リットル、フォーティーエイトは7.9リットル)など細かいところをじっくり見てチェックする。

隅垣「足着き性はソロシートでクッション厚の薄いフォーティーエイトが上だけど、ロードスターも悪くはないね。腰高なライディングポジションが跨った瞬間は少し不安だったけど、走り出すと乗りやすかった」

高岩「フォーティーエイトのタイヤはすごく太いな」

フロント19インチでインナーチューブ径43mmの倒立式フロントフォークを採用するロードスターに対し、フォーティーエイトはインナーチューブ径49mmの正立式フロントフォークを16インチの小径ホイールに組み合わせた。

これはスポーツスターファミリーではもっとも太いフロントフォークで、それに合わすようタイヤもファット。フォーティーエイトならではの、迫力あるフロントエンドを演出している。

高岩「ロードスターは車体が思い通りに動いてくれて、もっとコーナーのある道を走りたくなる。カラダを積極的に動かしたくなるシートやライディングポジションで、ワインディングならもっと楽しいだろうな」

隅垣「うん、こうやってストリートを流すのもスポーツスターにはよく似合うけど、今度は峠道を走ってみたいな」

右:高岩さん着用(トップス)メインストリート・ナイロンボンバージャケット¥24,100(税込) / 左:隅垣さん着用(トップス)トレゴ・スリムフィット・ライディングシャツジャケット ¥35,700(税込) / ヘルメット:メタリック・グラフィック・フルフェイスヘルメット¥55,800(税込)

少し走るだけで新しい発見があり、停まるたびにハーレー談義に花を咲かせるふたり。探求心は高まるばかりといった様子だ。

隅垣「もっと他のモデルにも乗ってみたいなぁ。ソフテイルファミリーが気になる!!」

高岩「いやいやツーリングファミリーでしょ。高速道路をクルージングしてみたい」

日が暮れ始めると、気温もぐっと下がってきた。帰りを促すと、「いやいやもう少しだけ」と、ふたりとも首を縦に振らない。ヒーテッドギアのおかげで寒さも気にならないし、何よりもまず、もっともっと走りたいのだ。

ふたりは残された時間を時計で確認すると、ギヤを同時に入れた。せっかちな夕暮れと競争するかのように、2台のスポーツスターが勢いよくネオンが灯り始めた街に弾け飛んで行った。もう誰にも止められそうにない。

Text:モーターサイクルジャーナリスト 青木 タカオ
Photos:安井 宏充

SANABAGUN. 出演決定!『BLUE SKY HEAVEN(ブルースカイヘブン)2018』5月19・20日開催。

『BLUE SKY HEAVEN 2018』スペシャルサイト
 http://www.harley-davidson.co.jp/bsh/

PHOTO GALLERY

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!
PREV

POPULAR RANKING

NEXT

NEW ARRIVALS