Touch The Freedom
ARTICLE

ウィンターシーズンにぴったりな、ワンランク上のハーレーアパレルコーデでパーティーへ!【カップル編】

2017.12.20

Chapter 4.

トラディショナルなデニムジャケットに女性らしいTシャツを合わせて

「えー、やったことないよー、できないよー」
駄々をこねる彼女をビリヤードに誘う。
そう言えば、キューの持ち方もエイトボールのルールも、元はと言えばバイカーの先輩たちに教わったのだった。というより、その先輩たちにバイクを教わり、音楽についても影響を受け、いろんな遊びを教わった。

バイクを知らない頃は、バイクやファッション、お酒や音楽、ビリヤードやアウトドアなどのいろんな遊び……。それらがどうつながるかなんて考えたこともなかったけど、こうして自分がバイカーになって思うのは、カッコいいカルチャーは根底でつながってるってこと。
少しずつ、ハーレーカルチャーに染まりつつある彼女が、たまらなく愛おしくなった。

左:純正ロゴプリントのフーディーは、デイリーに着回しできるアイテム。 / 右:トラディショナルなデザインのデニムジャケットには女性らしい少しタイトなカットのTシャツを。

左:ジェニュインクラシック・プルオーバーフーディー¥13,300(税込) / 右:ダークウォッシュデニムジャケット¥16,100(税込) / ジャージーアップリケTシャツ¥7,070(税込) / スパンコール付ニットハット¥5,620(税込)

Chapter 5.

リラックスした装いでパーティーへ!

左:少し厚手のフーディーは一枚あるとウィンターシーズンに重宝するだろう。 / 右:ビンテージ風の色合いのプルオーバーは、インにもアウトにも。

「バイカーの人って、バイクの話ばっかりかと思ってたらそうじゃないんだね」
パーティーの盛り上がりも最高潮になったころ、満面の笑みでそう話す彼女。
初対面でも自然と溶け込める仲間たち。遊びや旅の話まで、ふところ深い引き出しを持っている仲間たちに引き合わせることができて本当に良かった。
オープンエアのエリアもあることを想定して、少し厚手のプルオーバーとフーディーを準備してきてよかった。

左:ウィングロゴ・ラグラン・プルオーバー¥12,501(税込) / 右:オークリーフスリムフィットフーディ¥14,200(税込)  / ショベルヘッド74・リンガーTシャツ¥4,420(税込)

「わざわざ近場のパーティーにバイクで行くってサプライズ、びっくりした?」
「ううん、タンデムツーリングも楽しかったし、終電を気にしなくていいなんてサイコー!」
よかった。バイクだけじゃなく、バイカーカルチャーを少しでも楽しんでもらえたなら。
オレなりのサプライズは大成功!

ハーレーダビッドソン メンズ・ウィメンズウェア公式オンラインショップ:
https://h-d.jp/campaign/go-bold-be-free/index.html

Text:バイクジャーナリスト 小林 ゆき
Photos:横山 マサト

モデル:SHO
新山春華

PHOTO GALLERY

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!

NEW ARRIVALS