Touch The Freedom
ARTICLE

ウィンターシーズンにぴったりな、ワンランク上のハーレーアパレルコーデでパーティーへ!【カップル編】

2017.12.20

今回は新コレクション「1903」からピックアップしたニューコレクションを中心に、デイリーカジュアルで構成されたカップル・コーデをご紹介。
バー&シールドをはじめとする様々なハーレーダビッドソンロゴが、どこかにあしらわれた#ハーレーアパレルですが、単にロゴが入っている洋服、という訳ではありません。染色や加工でひと手間かけてビンテージ風に仕上げるなど、テキスタイルの肌触りの良さや絶妙なカラーの風合いまで楽しめる、ワンランク上のアメリカン・カジュアルがラインナップされています。
バイク乗りではない彼女に、“Firstハーレー”としてハーレーアパレルを着こなしてもらうなら……。そんなシチュエーションを想像しながらお楽しみください。

Chapter 1.

デイリーユースなレザージャケットでタンデムツーリング

「バイクで行くって言うから、どこまで連れていかれるのかと思ったら……」
そうぼやく彼女の表情は明るい。
気の置けない仲間との、年に一度の特別なパーティー。取り立てて遠い場所でもないけど、わざわざバイクで来たのには理由がある。どうせなら、終電を気にしたくない。次の日が休みなのだから、少しでもバイクを楽しみたい。なによりも忙しいウィークエンドの間に、少しでも彼女と一緒にいたい。
プチ・ツーリング気分も味わいたいから、少し遠回りだけど渋滞知らずの外環を通るハイウェイ経由でこの小さなホテルに向かった。

左:ライトウエイトのカウレザーとビンテージ加工したゴートスキンのレザージャケットは、見た目以上に軽い。タイトなシルエットなのでそのままストリートユースにも。透かし編みがアクセントになっているセーターは、ラグラン袖でフィット感抜群。今シーズン流行のバック側の裾、袖ともに長めのシルエットとなっている。 / 右:ロングスリーブTシャツを着るなら断然、ラグラン袖がおすすめ。肩を動かしやすくライディングにも適している。

左:キャピトル・レザージャケット¥84,600(税込) /ウィングド・ルーズウィーブセーター¥12,900(税込) 右:イーグルラグランスリーブTシャツ¥5,620(税込)

「寒くなかった?」
いつものツーリングなら、レインウエアやらなにやらで荷物が膨れ上がるのだけれど、降水確率は0%の週末。しかも都心にほど近いここなら、もしも雪が降ったとしても彼女だけ電車で移動すればよい。タイトなシルエットのシングル・ライダースは電車に乗ったとしても、むしろ上級のオシャレに見えるはずだ。
「タンデムって意外と寒くない……、ううん、あったかいんだね」
やけに背中に温もりを感じたのは、本当は寒かったのかな。それとも。

Chapter 2.

イヤマフラーとニットグローブであたたかく

「近場でもバイクで来るとなんか気分があがるね!」
忙しい年末のウィークエンドのプチ・サプライズは狙い通り成功したようだ。彼女もオレも、凍えきる前にホテルにたどり着けたのは正解だった。
パーティーまで少し時間があるからと、ダイナーに誘い出す。目的はコーヒーを飲むだけじゃなくて、第2のサプライズ。
「なにこれ、かわいい!」
女性はなんでもかんでも“かわいい”って言いたがるものだけど、このプレゼントが実はハードなバイカーのイメージが強いハーレーダビッドソンのものって気付くかな。

オンブレニットのイヤウォーマーは、イヤマフラーやヘアバンドだけでなく、ネックウォーマーとしても活躍する便利なグッズ。お揃いのニットグローブを合わせて。

オンブレニットイヤウォーマー(ヘアバンド式イヤマフラー)¥4,820(税込) / オンブレニットグローブ¥4,820(税込) / マグカップ(参考商品)

「これもハーレーなんだ!」
彼女にもハーレーを楽しんでもらうなら……と思い切って探してみて良かった。 
「これだったら毎日使えるでしょ?」
そう返事したけれど本音は、ちらりと見えるハーレー・ロゴから誰かにバイカーの彼氏を自慢して欲しいことだったりして。

Chapter 3.

正統派アメリカンカジュアルで揃えて、一緒に乾杯

「お酒を飲む日はバイクを楽しめない、なんて嘘。でしょ?」
いつものオフィスカジュアルでは味気ないし、かといってライディング・ギアじゃ仰々しいし。
そんなわけで、さりげなくハーレーテイストを盛り込んだアメカジでコーディネート。思った通り、仲間とのパーティーシーンにはぴったりだった。

左:モノクロームカラーのプレイドシャツならどんな色のTシャツとも合わせやすい。ここでは大胆なプリントのB&WのTシャツをチョイス。 / 右:季節を問わず楽しめるノースリーブのシャツも、ウィンターシーズンならロング丈のカーディガンと合わせてレイヤーを楽しんで。

左:ヘビーウェイトプレイドシャツ¥12,900(税込) / B&WフォトVネックTシャツ¥4,420(税込) / 右:ディップダイ・プレイドシャツ¥10,500(税込) / ウォーターフォールカーディガン¥13,800(税込)

「バイカーだっておしゃれしたいもんね」
そう微笑む彼女には、ノースリーブのシャツにカーディガンを羽織るスタイルを提案してみた。
襟元からちらりとのぞくレッドがいたくお気に入りのようだ。ウィンターシーズンとはいえ、パーティーシーンだからこその肌見せも、また彼女をぐっと引き立ててくれて素敵だなと自画自賛。
正統派アメカジながら、ハーレーならではのテイストを盛り込んだハーレーアパレル。自分自身も知らなかったけれど、普段使いもできるラインナップは手持ちのアイテムとのレイヤードも楽しめる。おしゃれにうるさい彼女とでも、ファッションの話でここまで盛り上がれるなんて。

【次ページ:ハーレーカルチャーに染まる彼女とビリヤード!】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!
PREV

POPULAR RANKING

NEXT

NEW ARRIVALS