Touch The Freedom
ARTICLE

SANABAGUN.の二人がストリートロッド&ストリート 750オーナーに!ショートツーリングに出かけ、これからのハーレーライフを語り合う

2017.09.27

「ハーレーに乗りたい!」と大型自動二輪免許を取得したSANABAGUN.のボーカル高岩 遼さんとギターの隅垣 元佐さんが、念願叶ってストリートロッド&ストリート750オーナーとなった。H-D正規ディーラー・ハーレーダビッドソン シティ中野での契約から、納車後のショートツーリングの模様をお届けする。

ハーレーダビッドソン シティ中野でハーレーオーナーに

リニューアルオープンしたばかりのH-D正規ディーラー「ハーレーダビッドソン シティ中野」(以下、H-Dシティ中野)で、高岩 遼さんが『ストリートロッド(XG750A Street Rod®)』、隅垣 元佐さんが『ストリート750(XG750 Street® 750)』を契約し、ついにハーレーオーナーとしての一歩を踏み出した。
「ついにこの時が来ましたね!とても嬉しいです」と高岩さん。隅垣さんも「これからハーレーがある毎日が始まると思うと、ワクワクします!」と興奮気味だ。

最新のストアデザインを取り入れ、ウッドとスチールを基調とした洗練された雰囲気を醸し出すH-Dシティ中野の店内には、最新モデルが展示されている他、H-Dモータークローズや純正パーツ&アクセサリーが豊富に揃っているから、二人は時間を忘れてさまざまなアイテムをチェックしている。

隅垣「これ着て乗ったらいいんじゃない?」

高岩「お前はそれだな、俺はこっちがいい!」

洗練された中にも温かみがあり、二人とも居心地が良さそうだ。2階のオープンデッキには、気軽に利用できるコミュニケーションスペースもあり、ユーザー同士の交流が盛んに行われていそうな雰囲気が何より印象的だ。

隅垣「ハーレーに乗ってる人って仲間が多いイメージがあるけど、ディーラーで自然に知り合いができるんだね」

高岩「あぁ、なるほどなって思う。こういうところでオーナー同士のネットワークが広がっていくんだな」

右:H-Dシティ中野の店長 松本 泰輔さん

H-Dシティ中野の店長、松本泰輔さんの説明で、H-D正規ディーラーでは購入後も充実したアフターサービスが受けられることを知り、安心する二人。新車購入者は初年度の「H.O.G.(ハーレーオーナーズグループ)」の年会費が無料になるなど特典も多い。

契約書等に必要事項を記入する二人。なんだか身が引き締まる思いだ

さぁ、いよいよ新しい自分の愛車で走り出そう!!
セルスターターを押し、Vツインの鼓動を身体で感じたら、もう我慢することなどできはしない。

【次ページ:ストリートロッド&ストリート 750でツーリングへ!】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!
PREV
NEXT

NEW ARRIVALS