Touch The Freedom
ARTICLE

SANABAGUN. 高岩 遼がついに大型自動二輪免許を取得!公道初ライドに選んだのは、ロングライドも快適なストリートグライド スペシャル!!

2017.08.25

ついにハーレーで公道を駆け抜ける

青木「上手いっ! 全然余裕じゃないですかっ!」

高岩「う〜ん、エンジンも力強いし、サウンドも一段と迫力がある。ヤバイっす、ハーレーのツーリングモデルは!」

シフトアップもカカトでやっているし、H-Dセントラル世田谷の周辺道路を高岩さんは颯爽と駆けて行く。オートバイでの公道走行に不安が全くないから、信号待ちで話しかけても、平気でお喋りができる。

青木「その調子です。やっぱり普段から400ccのオートバイに乗っているから、ライディングに慣れを感じます」

高岩「そうですか? Vツインエンジンの鼓動と息づかいに酔いしれていますっ!」

信号が青に変わると、高岩さんはクラッチを上手くミートさせてストリートグライドをダッシュさせた。大型バイクビギナーとは思えぬ堂々たる走りっぷりで、これなら長距離のツーリングにだってすぐ出かけられそうだ。

いよいよ次回のライドは夏の一大プロジェクトへ

H-Dセントラル世田谷には屋外のテラス席もあり、来場者はゆったりと過ごせる。テストライドを終えた高岩さん、大満足の様子だ。

岡部さん「見たところ高岩さんは体格的にもツーリングファミリーがピッタリですが、ライドフィールはいかがでしたか?」

高岩「ディーラーで、こんなに簡単に試乗させてもらえることにまず驚きました。乗り味も想像以上の安定感で、やはりハーレーのツーリングファミリーは別次元ですね」

青木「どちらかというビギナーにはストリートやスポーツスターがおススメなんですが、高岩さんは最初からツーリングファミリーを選んでも全く問題ないと思いますよ。途中、道が混雑していましたが、ベテランライダーのようにスムーズに渋滞を回避して戻ってくることができました。初めての大型バイク走行とは、とても思えません」

高岩「オーディオも搭載されていて、そのサウンドがクリアにしっかり聴こえるのもスゴイ!」

青木「自分のスマートフォンとUSBやブルートゥースで接続すれば、お気に入りの音楽を聴きながらライディングできるんです」

岡部さん「『CVO™ ストリートグライド(FLHXSE CVO™ Street Glide®)』というトップエンドモデルもありますが、そちらは6スピーカーを搭載していますからサウンドもワンランク上です」

青木「高岩さんが乗ったストリートグライドは、排気量1745ccの『ミルウォーキーエイト107(Milwaukee-Eight® 107)』っていう最新エンジンを積んでいますが、CVOになると排気量1868ccとさらに大きくなります」

高岩「1745ccでも圧倒的なのに、1868ccってスゴイ話ですね。ハーレーならではの大排気量エンジンの良さが少しわかった気がします。あぁ、また乗りたくなってきました。今度はもっと広い場所をのんびりと走ってみたいなぁ」

高岩さんのハーレー公道デビューを強力バックアップしたH-Dセントラル世田谷のスタッフと、最後に記念撮影。右は堀田 昭義支店長、女性スタッフもいてビギナーも大歓迎だ。

ハーレーダビッドソン セントラル世田谷
東京都世田谷区成城3-20-10
TEL:03-3415-7780
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日(祝祭日の場合は営業)
http://www.hd-central.jp/setagaya/

Text:モーターサイクル ジャーナリスト 青木タカオ
Photos:安井宏充

ハーレーダビッドソン×SANABAGUN.、タイアップ楽曲が完成!

ハーレーダビッドソン×SANABAGUN.のアーバン・ストリート・カルチャー・プロジェクト『STREET×STREET』が展開される中、SANABAGUN.がハーレーをテーマにタイアップ楽曲 “We in the street” を制作!楽曲&ミュージックビデオの全編公開前にティザー映像が公開されています。

PHOTO GALLERY

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!
PREV
NEXT

NEW ARRIVALS