Touch The Freedom
ARTICLE

SANABAGUN.の二人がハーレー乗りを目指し、大型自動二輪免許取得に挑戦!スポーツスター883Rでいよいよ技能教習へ

2017.08.04

ライダーには難関の一本橋

もっとも難しいのは一本橋。長さ15メートル、幅30センチ、高さ5センチの平均台の上を、低速でバランスを保ちながらふら付くのを抑えて、脱輪しないよう走らなければならない。
難関と言われる所以は、卒業検定時に通過目標タイムがあることで、普通自動二輪では7秒以上だったのが、大型自動二輪では10秒以上をかけてクリアしなければならない。

ローギアを使って、できるだけ低速で走りたいのだが、欲張って速度を落としすぎると、エンスト、転倒ということになりかねない。
上手くなると半クラとリヤブレーキを使って時間を稼ぐこともできるが、重要なのは両膝でタンクをしっかり挟んで(ニーグリップ)バイクと体が一体化するように心がけること。
スポーツスターの場合、ニーグリップしづらいので、くるぶしで車体を押さえ込むことを意識するといい。

次は波状路、デコボコ道だ。スタンディング(立ち乗り)で車体のバランスを保ちつつ、ヒザでショックを和らげる。
他のセクションでも同じことが言えるが、オートバイのライディングに強い腕力は要らない。ハンドルをガチガチに握るなんてことがないよう、ヒジを含め腕全体はリラックスさせ、バイクの上下動をヒザとともに吸収するイメージだ。

次回はいよいよハーレー初ライド!

感想を聞くと「余裕ですね」と高岩さん。隅垣さんも「大丈夫でしょう」と、不安は微塵も感じられない。波状路でのスタンディングフォームをインストラクターと再チェックして、この日の実技教習は終わった。

次は校舎の中でライディングシミュレーターを体験。オートバイの場合、路上実技指導の実施が困難なので、それに代わる危険予測トレーニング用としてその役割を担っている。
「うわっ!」

「そこから歩行者が飛び出すのはお約束でしょっ!!」

ふたりはゲーム感覚で楽しんでいたが、セーフティライディングも身に着いたようだ。

終始、教習所通いが楽しくて仕方がないといった様子の二人。大型自動二輪免許取得はいよいよ大詰めで、きっと次回は一般道でのライドをレポートできることだろう。

左 / 高岩さん着用:アイアンブロック・ロングスリーブTシャツ ¥7,940(税込)
右 / 隅垣さん着用:ジェニュイン・クラシックス・イーグル・ヘンリー¥12,400(税込)

取材協力:コヤマドラインビングスクール二子玉川校
Text:モーターサイクル ジャーナリスト 青木タカオ
Photos:横山マサト
注:教習風景の写真は全てイメージで、実際の教習を撮影したものではありません。

PASSPORT TO FREEDOM

全国のパートナー教習所で免許を取得すると、バイク購入費用と合わせて最大10万円をサポート。
2017年1月1日(日)以降に大型自動二輪MT免許を取得し、2017年モデルの新車を、2017年9月29日(金)までに成約かつ納車させていただいた方。このチャンスを見逃すな!!

詳しくはこちら:
http://www.harley-davidson.com/content/h-d/ja_JP/passport-to-freedom/passport-to-freedom.html

PHOTO GALLERY

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!
PREV

POPULAR RANKING

NEXT

NEW ARRIVALS