エキサイティングな出来事はストリートから生まれる!

ハーレーダビッドソン ジャパンが手掛けるアーバンストリートカルチャープロジェクト「STREET×STREET」でキャペーンヒーローを務める平成生まれのヒップホップチーム、SANABAGUN.。ハーレーが全面サポートした全国ツアー「SANABAGUN. Tour - Suggestion - powered by HARLEY-DAVIDSON」の福岡公演が11月26日に開催された。
会場の福岡BEAT STATIONでは「ハーレーダビッドソン博多」のバックアップのもと、フロア入り口にモーターサイクルを2台展示。「STREET×STREET」のアイコンモデル『ストリートロッド』とスポーツスターの雄『フォーティーエイト』が観客を出迎えた。

今回から新メンバーの大林 亮三(Ba.)を加えた新生SANABAGUN.にとって初の福岡でのライブとなる。観客席の後方にあたる2階から「これがSANABAGUN.だ、味わえ!」とお馴染みのフレーズでステージに登場すると大歓声がフロアを包み、なんといきなり新曲からライブをスタート!人気曲を次々に投下し、ホーン隊も含むバンド・メンバーによる盤石の演奏と、存在感溢れる2人のフロントマン=高岩 遼(Vo.)と岩間 俊樹(MC)がお互いに見せ場を譲り合いながら躍動していくSANABAGUN.らしいステージが展開されていく。

渋谷ストリート発! レペゼンゆとり教育、平成生まれの生HIP HOPチーム!2014年より現在の8人編成で活動を開始。結成後、毎週月曜と金曜に渋谷で行っていた路上ライブで毎回大きな人だかりを作り話題を集める。いわゆるライブハウスでの活動をメインとせず、路上とアップル・ストア、タワーレコード等のインストアを中心にライブを行い、結成以来からのライブ本数はかるく1000本を超える。サックス、トランペットを含む、楽器隊6人による鉄壁のジャズ・グルーブに、ボーカリストとラッパーが織り成すオリジナリティ溢れるリリックが融合した、新世代のストリート・ミュージック。メンバー全員が20代の腕利きミュージシャンであり、サナバガン以外にも活動の幅を広げ、サポートのオファーも急増中。メンバーそれぞれのファッショナブルなルックスも注目されている。

Official Site

LINEUP

モデル紹介

VIEW MORE

STREET ROD®

¥ 1,070,000〜

VIEW MORE

STREET® 750

¥ 975,000〜

メールマガジン配信中

登録はこちらから

ストリートを駆け抜けるために生まれたアーバンスポーツが、HARLEY-DAVIDSONの『ストリート750(XG750 Street® 750)』そして『ストリートロッド(XG750A Street Rod®)』だ。

こうでなければならないという固定概念を捨て去るかのようにクロームパーツを排し、全身をダークカスタム。新しい価値観やライフスタイル、そしてストリートカルチャーと共鳴するかのように排気量750ccの『Revolution X(レボリューション X)』がビートを刻む。

都会がよく似合うアグレシッブなスタイルの2台だが、よりローアングルに身構え、自由にカスタマイズできる真っ新なキャンバスとしているのが、ベーシックモデルとなるストリート750。誇り高きタンクメダリオンを備え、究極のプラットフォームとなる車体は自分自身をアピールするのにうってつけの素材でもある。そのままスマートに乗るもよし、自分好みにアレンジを加えるもよし、すべては自由。イージーなライディングフィールだからこそ、都会の喧噪さえも楽しくて仕方がない。より足着き性が良く、扱いやすいのが持ち味だ。そして、アドレナリン全開のスポーツライディングの虜となってしまっても構わないのならストリートロッドを選べばいい。バーエンドミラーを備えたドラッグスタイルハンドルバーを握った瞬間から、パワフルなエンジンに酔いしれることになるだろう。スピードスクリーンに身を伏せるクラウチングスタイルで、気怠い日常をすべて置き去りにしてしまう強烈なダッシュに備えよ。身のこなしが軽く、コーナーでは切れ味鋭いハンドリングで、思うがままに右へ左へ車体が言うことを聞く。猛獣を自在に操るこの快感は、まるでストリートを征したかのような気分だ。

圧倒的なパフォーマンスで、ヒップスターたちによく似合う個性あふれるアーバンスポーツたち。どちらが相棒に相応しいか、それは自分で決めればいい!