Share The Freedom
ARTICLE

ブルスカ2017、ついに開催!ハーレーに触れて、感じて、体験した熱い1日を振り返る

2017.05.26

もはや初夏の富士スピードウェイの風物詩となった感もする、国内最大規模のハーレー乗りの祭典「BLUE SKY HEAVEN 2017(以下、ブルスカ)」が5月20日(土)〜21日(日)に開催された。今回はハーレーに憧れブルスカに初めて参加した、新山春華さんが体験した6つのプログラムを中心に振り返ってみよう。

往年のハーレーたちがレーシングコースをハイスピードで駆け抜けていく「ビンテージ H-D レーシングエキシビジョン」

雄大な富士の姿と、全国から続々と集まってくる鉄馬たちに圧倒されつつ、春華さんがまず最初に見たのは富士スピードウェイの本コースで開催された「ビンテージ H-D レーシングエキシビジョン」だった。
ハーレーダビッドソンと聞くと、ゆったりとクルージングするイメージが先行しがちだが、じつはレースシーンでも数え切れないほどの栄冠をもたらしてきた歴史があり、ドラッグレースやロードレースで輝かしい戦果を収めている。実際に現在でも、ファクトリーチームがアメリカのフラットトラックレーシングで大活躍しているのだ。

それを改めて実感できるのが、このエキシビジョン。全長4,563mのレーシングコースを空冷Vツインたちが唸りを上げて走る様は、あなたがこれまで持っていたハーレーのイメージを覆すものかもしれない。コンマ何秒かの走行タイムを競うため、参加車両は速く走るためだけに極限までチューニングされたマシンばかり。そこには絶対的な機能美があり、それを操るライダーの動作に無駄なものはない。アグレッシブな走りと強烈過ぎるほどのレーシングサウンドは、見る者のハートを熱くした。

春華「会場に到着してすぐ、ビンテージ H-D レーシングエキシビジョンを見学に行きました!製造から長い時を経た沢山のバイク達が走る姿を、スタンドから観られて、もう大興奮。年代もモデルも全く異なるハーレーが一緒に駆け抜ける姿が魅力的で、私の中でこれまで持っていたハーレーに対するイメージがガラリと変わった瞬間でした!」

世界的にも珍しい約1.5kmものホームストレートを自分の足で歩くという貴重な体験「ピットウォーキング」

「ピットウォーキング」では、通常なら立ち入ることのできないメインコース上を歩き、ビンテージハーレーの姿も間近に見ることができた。かつては世界最高峰の4輪レース「F1グランプリ」も開催されたことのある国際格式のレーシングコースには、ハイスピードレースの舞台となる全長1,475メートルものホームストレートがあり、このとてつもなく長い直線路は世界的に見ても非常に珍しく、ここでのバトルがレースでは見所のひとつとなっている。このプログラムでは、そのホームストレートの長さを自分の足で実感できるのだ。

春華「ピットウォークでは、エキシビジョンで実際に走っていたバイクが、ピット内の見学エリアよりも近付いて見られるのが嬉しいですね。ピットロードを歩けたのも、とても貴重な経験でした!」

自らのライディングテクニックを駆使し規定タイムジャストでのゴールを目指す「バトルトラックス」

毎年恒例となっているライディングイベントが「バトルトラックス」だ。安全なクローズドエリアにパイロンで仕立てた難関コースが設置され、参加者はそこを『ストリート 750(XG750 Street® 750)』に乗って規定のタイムジャストでゴールするのを目指して走る。つまり速すぎても、遅すぎてもダメ。コースの途中には、ハンドルを目一杯切らなければ曲がれないタイトコーナーもあるし、右に左に切り返すクランクがあるほか、最後には絶妙なバランス感覚でマシンを操らなければならない一本橋が待ち構える。今年の規定タイムは1分10秒に設定され、参加者は自分の成績に一喜一憂。成績優秀者にはフードエリアで使えるチケットが進呈され、1分10秒02のタイムを記録した女性は500円券をゲットしていた。

春華「大型免許を取得したら、一番最初にチャレンジしてみたいのがバトルトラックス!でも所定タイムでクリアどころか、オレンジ色のパイロンで作られたコースを覚えるのも大変そう…。そんな私を横に、スイスイとコースを抜けて行く女性ライダーの姿。(…カッコイイ!!)参加者の8割は男性との事でしたが、来年は私だって!と、心の中で意気込んでいました。」

【次ページ:最新モデルを思う存分に試乗できる「テストライド」】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!
PREV

POPULAR RANKING

NEXT

NEW ARRIVALS