Share The Freedom
ARTICLE

カリスマインスタグラマー直伝!バイクをスマホでカッコよく撮るコツ。【ハーレー撮影講座-第3回ストリート750】

2017.02.10
INDEX

いまや生活に欠かせないコミュニケーションツールの一つとなっているSNS。ツーリング先での体験を共有するのにもうってつけだが、大事なのは何と言っても投稿する画像だろう。そこで今回は、被写体として『ストリート750 (XG 750 STREET® 750)』を用意し、インスタグラマーのジョニー量自さんにスマートフォンでの#撮影のコツを教えてもらった。CDジャケットや時計など、企業とのコラボもしている、言うならばその道のプロ。彼は一体どんな風に写真を撮っているのだろうか。

POINT1
インパクトがある背景と、撮影場所の雰囲気を活かす

02_05_20_10_40

待ち合わせたのは、早朝の東京・渋谷。寒空の下、ストリート750で到着すると、ジョニーさんはすぐさまiPhoneをこちらに向けてきた。
いつもは人で溢れかえる路地に、この瞬間だけは誰も人が歩いていない。そんな静寂に包まれた時間の中に現れた1台のハーレーダビッドソンとひとりのライダー。もう2度とはないこの一瞬をジョニーさんは逃さなかったのだ。
「もともと写真を撮るのが好きで、インスタントカメラなどコンパクトなものばかりを使っていました。いつでもどこでもすぐにシャッターが押せるからで、iPhoneを買ってからはますます写真を撮るのが面白くなりましたね」
すぐにシャッターを押せる。ジョニーさんにとって、それが一番大事なことのようだ。だから昔からカメラはより小さいものを好んで使っていたし、スマートフォンが登場してからはiPhoneがメインになった。

02_05_19_58_22

このとき撮った写真の中で、お気に入りを選んでもらうと、この1枚だという。
静まりかえる冬の早朝の路地に、そこでアイドリングするストリート750のVツインサウンドだけが響き渡っている様子が伝わるだろうか。すぐ近くにあるガードレールを画面の左側に入れたのは、街路が後ろに伸びる奥行き感を出すためだと教えてくれた。

02_05_7_40_10

02_05_7_45_31

次に向かったのは、ジョニーさんが前もって撮りたいと考えていた路地裏。一方通行や歩行者だけしか進めない階段の道が複雑に入り組むエリアだけに、足早に進むジョニーさんについていくのは大変。
しかし、取り回しが良く軽快なストリート750が故に、Uターンや細い路地も気にせずグイグイ行ける。さすがはタイトな都会の道が得意な、アーバン向けのカスタムマシンだ。
「ジョニーさん、ちょっと待って!!」
そう声をかけようと思ったところで、ジョニーさんが足を止めた場所がここだ。
「せっかく渋谷の路地裏に入ってきてもらったのですからね。その場所ならではの雰囲気が分かる、背景を活かした写真も撮りましょう」
ストリートで映えるこのオートバイだからこそ、このシーンによく馴染み、ブラックアウトされたダークカスタムであるストリート750と、ウォールペイントの彩りとの対比が実に面白く、両者の魅力がいっそう引き立てられている。

02_05_7_30_23

02_05_7_29_54

ジョニーさんはさまざまな角度からストリート750を見て、光のまわり方も気にしていた。
「陽と陰の美しさが出て、金属の質感の生々しさがいいですよね」
そう言って頷いたのが、この1枚。
60度の挟み角でVの字にレイアウトされる各シリンダーヘッドに、4バルブを備えるLIQUID-COOLED REVOLUTION X™エンジン。ハーレーダビッドソンのエンブレム、バー&シールドも誇らしげだ。

【次ページ:スマートフォンに広角レンズを付けて撮ってみよう】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!

NEW ARRIVALS