Share The Freedom
ARTICLE

イルミネーション&夜景とバイクをドラマティックに撮影するコツ。【ハーレー撮影講座-第2回 ソフテイル スリムS】

2016.12.14
INDEX

クリスマスシーズンの風物詩となっているのが、街のあちらこちらで見られるイルミネーション。煌びやかな輝きは幻想的で、ハーレーダビッドソンとともにファインダーに収めればさぞかしドラマティックだろう。そこで今回は手持ちの一眼レフを使ってできる、夜景での愛車撮影に挑戦してみたい。被写体として『ソフテイル スリムS(FLSS Softail Slim S®)』を用意し、バイク専門誌でも活躍するフォトグラファーの柴田直行さんにワンポイント撮影術を教えていただいた。

7602a

POINT 1
ビル群のシルエットが美しいのは夕暮れ。ストロボも駆使しよう

7444b【1】12月上旬16:30〜17:00に撮影

「街が寝静まった深夜に撮影しましょう」と、柴田さんに提案すると「日暮れ前からスタンバイしましょう」と、やんわりお断りされた。理由をうかがうと「夜が更けると灯りがなくなってしまいますし、夕暮れ直後こそ美しいのです」とのことだ。
まず【1】の写真を見ていただきたい。都会のビル群が美しい夜景の1枚だが、空はまだ青みがかっていて、地上付近には橙色に染まる夕焼けも残る。柴田さんは言う。
「空に明るみが残るこの時間帯こそが、ビルなどの建物や山のシルエットがハッキリと浮き出て美しいのです」

7439b【2】カメラの上にストロボをつけて撮影した例

しかし、肝心なソフテイル スリムSが暗く写ってしまい物足りない。そこで必要となってくるのが、ストロボ。柴田さんは我々に撮影術を分かりやすく教えてくれるため、試しにまず車体の真横、カメラの上にストロボをつけて目一杯に光を当ててくれた。【2】の写真だが、たしかにバイク自体はハッキリ見えるようになったが、いかがだろうか。この光の当たり方では平面的になってしまうし、フロントフォークのボトムケースやリアフェンダーにあるリフレクターにも光が強く当たって反射してしまっている。

7453b【3】

最後に2台のストロボを駆使して、【3】が出来上がった。背景となる夜景は相変わらず美しいし、ソフテイルスリムSのロー&ロングの車体がなんと精悍なことか。搭載される空冷Vツインエンジンに刻まれるフィンは、表面にだけカッティング加工が施されているから1枚ずつのエッジが際立ち、鉄馬の心臓らしい生々しい金属の質感が手に取るように伝わってくる。
さらにブラックリムに編まれたクロススポーク、真っ直ぐに伸びた2本出しのブラックマフラー、ディテールを注意深く見ても、すべてのパーツが活き活きと見る者に存在を訴えかけてくるようだ。

まずここではストロボの使い方を紹介したが、夜景を撮るためには三脚をぜひとも使いたい。なぜならこのシーンでは、遠くの夜景と近くの車体の両方にピントを合わせるために、普通の夜景撮影よりもシャッタースピードを遅く設定する必要があるからだ。
しかしオートバイだけで撮影に行くとなれば、積載スペースは限られている。このため今回の撮影には、カメラ用デイパックに収納できる小型の三脚を使用した。
また、夜景撮影ではカメラのISO感度の設定を思いきってあげてみよう。数値が上がるほどに画質は落ちてしまうが、暗いままの残念写真になってしまうよりはベターだ。

【次ページ:街灯の光を利用して自然な色味の写真を撮ってみよう】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!

NEW ARRIVALS