Share The Freedom
ARTICLE

愛車で都内へ出かけよう!六本木、秋葉原で大型バイクを停められる二輪駐車場をご紹介 〜東京都心編Vol.2~

2018.06.15

東京にも続々と増えている#バイク駐車場。主要ターミナル駅周辺なら停める場所に困らないほど数が増えている。しかし、その形態はさまざまだ。
車道に設けられた短時間駐車向けのパーキングメーター式もあれば、遊休地を活用したバイク駐車場、四輪駐車場だった場所を代用したもの、そして待望のバイク専用駐車場まで、利用の仕方も使い勝手もそれぞれ異なる。
ハーレーオーナーにとって気になるのは、やはり安全性。ゲートなどで仕切られていて利用者以外が入らない構造になっていたり、管理人常駐のバイク駐車場はやはり安心だ。なおかつ、屋内型であれば突然の雨でもバイクや荷物を濡らさず対応することができ便利だ。
買い物に、ビジネスに、プチ・ツーリングに。東京をバイクでもっと楽しむためのバイク駐車場紹介シリーズの後編は「秋葉原、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン」の3箇所を紹介しよう。

今回の東京プチツーリングのお供は、『1200カスタム(XL1200C 1200 Custom)』。
空冷式『エボリューション(Evolution®)』エンジン搭載モデルなのでハーレーの中では比較的軽くて扱いやすいとされるモデルだが、それでもスポーツスターファミリーの中ではやや大きめ。
身長161cmのライダーが東京を走り回るとどんな使い勝手になるのか。早速試してみよう。

駅前の再開発で実現した巨大なバイク駐車場、秋葉原UDXパーキング

久しく訪れないとその変貌ぶりに驚かされる秋葉原エリア。
電気街として、またアニメ・コミックの聖地として世界中から人々が集まる街だ。
ちょっとした買い物にバイクで出かけたい反面、かつては安心して停められるバイク駐車場が少なかった。そんな秋葉原に2006年にできた比較的新しい施設が、秋葉原UDXだ。
バイク駐車場は四輪用のスペースからの転用だが、収容台数なんと124台という広さを誇る。
休日はとても利用者が多いということだが、空きスペースや四輪スペースにバイクを案内するなど柔軟に対応するため、二輪が満車になったことはないという。

入り口は四輪と同じ。奥に進むとバイク用のゲートがあるので、そこでチケットを発券する。

四輪と同じ入口から入場し、バイク用ゲートに向かう。

入口のバイク専用ゲートで駐車券を発券する。

案内にしたがってバイクエリアへ。非常に広いスペースになっているので、手前が満車に見えてもあわてず奥に進もう。

バイクの駐車エリアはとても広い。

特筆すべきは、全国的にも珍しいバイク専門の洗車ショップがあることだ。
駐車場内で営業しているので、買い物がてらバイクをここに停め、買い物している間に洗車が終わってピカピカになっているという、バイカーにとって便利かつ夢のようなシステムだ。たいへん人気が高く、予約で埋まっていることが多いそうなので、事前の問い合わせは必須。

駐車場内の洗車サービスは人気が高く、予約は必須。

コインロッカーも完備しているので、秋葉原での買い物にたいへん便利だ。

料金は事前支払機で行うので、出口ゲートであわてずにすむ。現金以外に楽天Edyも利用できる。

出口はバイク専用の出口ゲートへ。

秋葉原UDXパーキング
住所:東京都千代田区外神田四丁目14-1
営業時間:24時間
収容台数:124台
駐輪料金:30分100円、最大24時間毎1000円
入庫方式:バイク用入り口ゲート
支払い方法:現金、楽天Edy ※事前清算方式
おすすめポイント:コインロッカーあり、洗車ショップあり
URL:https://parkingnavi.jp/details.php?parking_id=171

【次ページ:セキュリティ面も◎、六本木ヒルズクロスポイント】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!
PREV

POPULAR RANKING

NEXT

NEW ARRIVALS