Share The Freedom
ARTICLE

夕陽とバイクを美しく撮影するコツを伝授! 感動的なサンセットタイムに愛車を狙おう【ハーレー撮影講座-第5回ブレイクアウト】

2018.01.12
INDEX

ハーレーダビッドソンとサンセット。まるで映画のタイトルみたいですね。1日のツーリングが終わりを迎えるというとき、赤い光が柔らかく愛車を包み込む。そんな感動的なシーンを写真に上手く収められれば、きっと良い想い出になることでしょう。今回は『ブレイクアウト114(FXBRS Breakout® 114)』を被写体にして、夕陽を上手く撮るコツをプロのフォトグラファーに教えてもらいました。

POINT 1
ホワイトバランスの設定に挑戦

撮影した写真が赤みを帯びたり青みを帯びたりと、実際に見たときと違う色味になってしまうことはありませんか。それは光源の影響を受けているためで、太陽光や蛍光灯、白熱球など光の種類によって異なります。人間の目ではどの光も同じように見えるかもしれませんが、じつは光にはそれぞれ固有の色が付いているのです。
光源の影響がある状況でも、撮りたいと思うイメージ通りの色味で写すための補正機能が、デジタルカメラに備わっている「ホワイトバランス」です。通常は「オート」に設定され、光源を自動で読み取って補正してくれますが、これを意図的に設定すれば、より色味を強く出すこともできます。

【1】

【2】

【1】、【2】 が「オート」で撮った写真ですが、モードを「曇天」や「晴天日陰」に設定して撮ると下の【3】と【4】のように赤みの強い写真を撮ることができました。

【3】

【4】

ブレイクアウトのフロントマスクをクローズアップしただけでも印象的な写真ですが、背景を赤に染まる空としたことで、さらにドラマチックな写真になっています。

POINT 2
露出調整を「マイナス」にし夕暮れの空をより“らしく”

デジタルカメラでは「オート」に設定しておけば、ちょうどいい光の量に「露出(ろしゅつ)」を合わせてくれますが、状況によっては撮りたいイメージの明るさと、カメラが適切だと自動調整した明るさが違うことがあります。それを調整するのが「露出補正」です。
プラス方向にすれば明るく、マイナス方向にすれば暗くなりますが、これをマイナスに設定することで夕陽の赤を強調することができます。

【5】

【6】

【5】が「オート」で撮った写真、【6】が露出をマイナスに設定した写真です。全体が暗くなりますが、下の【6】の方が空は夕陽の美しさが際立ちました。
なお、デジタルカメラは撮った画像をすぐにモニターで確認することができますので、露出やホワイトバランスをいろいろと試し、自分の好みの明るさを撮影しながら見つけましょう。

【次ページ:何を狙うか主役を決めてインパクトの強い写真に】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!
PREV

POPULAR RANKING

NEXT

NEW ARRIVALS