Share The Freedom
ARTICLE

バイクをプロのようにカッコ良く撮影する6つのポイント!あなたの愛車をカッコ良く切り取ろう【ハーレー撮影講座-第1回 フォーティーエイト】

2016.11.30

POINT 3 大胆にスペースを使ってロケーションを活かす

安井さんが「ロケーションを活かすのもいいですよね」と言って撮ったのが、フォーティーエイトの前後にあるスペースを大胆に活かした写真たち。味わい深いゆったりとした写真となるだけでなく、年賀状やクリスマスカードなどに使うときに文字を入れるのにも都合がいい。
実際にプロのフォトグラファーの場合、広告やマガジン、ウェブサイトの使用の際にキャッチコピーなどが入るのを前提に撮影することも多いという。

dsc_2522

dsc_2523

ついつい被写体に寄りすぎてしまいがちなバイクの撮影だが、思いきってスペースを使うことで、見る者にゆったりとした気分を感じさせる写真となる。ロケーションを活かしたい、ツーリング先での撮影にも有効的だろう。

POINT 4 大胆に寄れる広角レンズで拡がりのある写真を

遠近感が誇張され、幅広い範囲をカバーする広角レンズで撮影するのも面白い。被写界深度が深い、つまり手前から奥まで広くピントが合い、全体をパキっと写すことができる。
「被写体に大胆に近寄ることができますし、逆にひいて撮れば広い風景を撮ることも。歪みなども楽しんでしまえば、いいと思います」と、安井さんはアドバイスしてくれた。

dsc_2643

アイアンホース“鉄馬”と呼ばれるハーレーダビッドソンならではのVツインエンジン。広角レンズを使って至近距離からフォーティーエイトの心臓部を捉えると、その鼓動と熱い息吹が聞こえてきそうな迫力ある写真となった。

dsc_2806

少しひいて撮影すると、その場所の様子がわかる画角の広い写真に。空、橋脚、そして荒々しい未舗装の空間にフォーティーエイトが佇む、アートを感じる構図ができあがった。逆光による撮影で、影さえも印象深くなくてはならない存在だ。

POINT 5 望遠レンズで奥行きのある写真を撮ろう

前景や背景をぼかす望遠レンズで、道路の端に停止したフォーティーエイトを狙った。すると、真っ直ぐに伸びる道が奥に広がっていく様子が写り、フォーカスを当てたバイク自体もより際立つ。
このとき一眼レフを使うのであれば、開放絞りにするとバックが極端にぼけて、主役を引き立てる効果がより強くなる。

dsc_2588

dsc_2576

「ファインダーを覗いたとき、僕はラインを意識します。極端に曲げて撮ることももちろんありますが、基本は水平、垂直をしっかり出すようにするんです。真っ直ぐなものは、真っ直ぐに写したいですからね」

【次ページ:光を味方につけ、見せたいものを主張する】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!

NEW ARRIVALS