Share The Freedom
ARTICLE

バイクをプロのようにカッコ良く撮影する6つのポイント!あなたの愛車をカッコ良く切り取ろう【ハーレー撮影講座-第1回 フォーティーエイト】

2016.11.30
INDEX

かけがえのない愛車の姿を、写真に収めたいと思うライダーは少なくないはず。カメラは一眼レフでもコンデジでも、スマートフォンだっていい。ツーリング先、あるいは日常の一コマで撮ったハーレーダビッドソンのある景色が、きっと大切な想い出になるはず。そこで写真の出来映えがグッと良くなる#撮影のコツを『角度・構図・ロケーション・広角レンズ・望遠レンズ・光』の6つに分け、プロのフォトグラファーたちに教わってみた。
今回は、被写体としてフォーティーエイト(XL1200X Forty-Eight®)を用いて、バイク専門誌でも活躍するフォトグラファー安井宏充さんのワンポイント撮影術だ。

POINT 1 角度を変えていろいろなアングルにトライしよう

「そのバイクがカッコイイと思えるアングルが、人それぞれあると思います。たとえば斜め後ろから見るのが好きですとか、そういうアングルでぜひカメラを構えていただきたいですね」
オーナーは、自分だけが知っている愛車のいちばん素敵な表情を知っている。特にハーレーダビッドソンは見る位置によってさまざまな表情を見せてくれるから「右サイドがいい」「後ろ姿がカッコイイ」「シートに跨ったときに見えるメーター回りがたまらない」など、オーナーの数だけ意見があるはず。「魅力を感じるアングルは人それぞれで正解は決してない」と、安井さんは言う。
だからこそ、自由にシャッターを切っていただきたい。バイクのまわりを360度回れば「こんなふうに見えるんだ」という新発見もあるかもしれない。たとえば同じ位置からでも、下から見るのと、上から見るのとでは印象が大きく異なる。
安井さんは撮影時にバイクの周辺を何度も回り、立ったり座ったり寝そべったり、ときには脚立の上から眺めていたりと、あらゆる角度からファインダーを覗いていた。

dsc_2546▲目の高さから撮影

dsc_2549▲低い位置から撮影

自分の目の高さから撮影するのも決して悪くはないが、カメラをさらに高く構えたり、極端にローアングルにすることで、見え方がまったく異なるから面白い。写した画像も同じ場所で撮ったものとは思えないほどの違いがある。

dsc_2503▲目の高さから撮影

dsc_2504▲低い位置から撮影

小振りなヘッドライトと太く頼もしいフロントフォーク、アンダーマウントのミラーなどが個性的なフォーティーエイトのフロントマスクだが、上からのアングルと低い位置から見た表情では印象が大きく異なるから興味深い。

dsc_2484

「余計なものをなるべく写さないで、被写体をスッキリした状態で見せてあげたいです」と、安井さんは言う。この写真で不要なものは前輪の前にある立て看板。置き場所やアングルを変えて、フォーティーエイトのフォルムを際立たせてあげよう。

POINT 2 構図に配慮して、愛車の新鮮な表情を狙う

カメラを横にして構えるか、縦位置にするかでも写真の印象が大きく変わってくる。「どちらがいいかなど正解は決してない」と、安井さんは再三に渡って言う。「両方撮っておくのも手ですよね」と教えてくれた。
撮影場所を同じままにして、カメラを横位置から縦に持ち変えるとフォーティーエイトの車体がすべて収まらなくなってしまったが、フォーティーエイトのネーミングの由来となった1948年発売の『Sモデル』から継承するフューエルタンクや、排気量1200ccの空冷式Vツインエンジンが際立つ写真が撮れた。ときには被写体をバッサリ切ってしまうのも手だろう。

dsc_2490

dsc_2493

前後16インチの足まわりを持つフォーティーエイトならではの低く構えるフォルム全体を横位置では収めることができたが、カメラを縦に持ち変えるとシートより前側のみの構図となり、またムードの違う写真となった。

dsc_2556

dsc_2557

カメラを横から縦位置にしたとき、シャッターを押す場所を変えたり、ズームレンズなら少し広角にすれば見え方も異なる。ファインダーを覗いたら、今まで見たことのない愛車の新鮮な表情が発見できるかもしれない。

【次ページ:大胆にスペースを使ってロケーションを活かそう!】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!

NEW ARRIVALS