Share The Freedom
ARTICLE

ブルスカへ行ったらここで記念撮影!Canon「EOS M6」でバイクと人物をカッコよく撮るコツ【ハーレー撮影講座-第4回 特別編】

2017.05.12

POINT5
シャッタースピードを調節して躍動感ある走行シーンを

そしてEOS M6なら、プロが撮るような走行シーンも撮影できてしまうから驚く。連続撮影速度が、AF・AE固定で最高約9コマ/秒、AF追従で最高約7コマ/秒の高速連写を実現しているからだ。
サーボAFが機能することで、シャッターボタンを半押ししている間は、動いている被写体にピントを合わせ続けることができ、この場合、ロードキングスペシャルをしっかり追従し続けた。

さらなるスピード感を追い求め、増井さんはシャッター速度を自分で決めることができる「TV」(シャッター優先)モードに合わせた。
1/30〜1/60とシャッター速度を遅く設定し、背景だけでなく車体も1ヶ所だけにピントが合う以外はブレるように撮影。スピード感あふれる写真を撮ることができた。
ブルスカへの道中で仲間たちの走行写真を撮ってあげれば、きっと喜んでくれるはず。

ブルスカ開催迫る!富士スピードウェイでのスペシャルプログラム

そしていよいよ富士スピードウェイに到着!
ブルスカではさまざまなプログラムが用意されるが、EOS M6をレンタルして、愛車や仲間たち、会場内の様子を自由に撮影できる「EOS M6 撮影体験ブース」も設置。今回、撮影テクニックをレクチャーしてもらった増井貴光さんによるスペシャルセミナーやサーキットコース内の撮影体験ツアーも実施!豪華賞品が当たるフォトコンテストも見逃せない!!

富士スピードウェイの場内には、1974年まで使用された伝説の30度バンクなど撮影ポイントがたくさんあり、ぜひ写真に収めていただきたい。もちろん当日は、青く晴れ渡った空に、雄大な富士の姿が現れることを心から願う。

フォトグラファー:増井貴光さん
モーターサイクルのフィールドを中心に広告、雑誌等の撮影、コラム執筆などで活躍中。愛車はハーレーFLTRX。古典芸能やアメリカインディアンの文化から多大なる影響を受ける。バイクによる旅の写真や水中写真をライフワークとし、日本国内、海外での取材・撮影は自らバイクを操り走行しながらシャッターを切ることも多い。

使用したカメラ
カメラ:Canon EOS M6
レンズ:EF-M11-22mm F4-5.6 IS STM / EF-M22mm F2 STM / EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

Text:モーターサイクル ジャーナリスト 青木タカオ
モデル:新山春華
モデル着用ジャケット:ラリーランナー3-in-1レザージャケット

【撮影講座-第1回】バイクをプロのようにカッコ良く撮影する6つのポイント!

【撮影講座-第2回】イルミネーション&夜景とバイクをドラマティックに

【撮影講座-第3回】インスタグラマー直伝!スマホでカッコよく撮るコツ

【撮影講座-第5回】夕日とバイクを美しく撮影するコツを伝授!

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!
PREV

POPULAR RANKING

NEXT

NEW ARRIVALS