Share The Freedom
ARTICLE

ブルスカへ行ったらここで記念撮影!Canon「EOS M6」でバイクと人物をカッコよく撮るコツ【ハーレー撮影講座-第4回 特別編】

2017.05.12
INDEX

いよいよ来週末に迫った「BLUE SKY HEAVEN(ブルースカイヘブン、以下ブルスカ)2017」。イベントももちろん楽しみだが、会場となる富士スピードウェイ、そしてその周辺には愛車を撮影するにはうってつけの好ロケーションがたくさんあるので、スマホだけでなくぜひカメラでも撮影していただきたい。
今回はキヤノンから発売されたばかりのミラーレスカメラ「EOS M6」を持って、モデルの新山春華さんと『ロードキングスペシャル(FLHRXS Road King® Special)』で撮影スポットへと向かった。
今回#撮影のコツを伝授してくれるのは、ハーレーダビッドソン専門誌にも連載コーナーを持つフォトグラファーの増井貴光さんだ。

ロードキングスペシャルには積載性の高いハードサドルケースがあるから振動対策さえしっかりしておけば、一眼レフだってツーリングに持って行ける。しかしオートバイで走るなら、荷物は少ないに越したことはない。
その点、EOS M6はボディがコンパクトだからとても助かる。本体重量およそ390gと軽く、サイズも幅112×高さ68×奥行き44.5mmと小さい。この優れた携帯性はライダーにとってとても大きな魅力で、気になった場所があればバイクを停めて、サッとカメラを取り出し、すぐにでもシャッターを押せる。
愛車とともに行くハーレーの祭典、その道中や会場での貴重な一瞬を見逃さずに、写真に収めることができるのだ。

最初に向かったのは富士山と山中湖、さらには南アルプスまで見渡せる絶景ポイントとして知られる「山中湖パノラマ台」(山梨県南都留郡山中湖村平野)。あいにくこの日は、富士山が雲に隠れてしまっているが、こればかりは仕方のないこと。ブルスカ当日には、「ここから富士の雄大な姿が見られますように……」と祈るばかりだが、眼下には山中湖がはっきりと見える。
ちなみにパノラマ台は、山中湖から三国峠、そして富士スピードウェイへと至る途中にあり、最高に気持ちのいいイチオシのルートでもある。ツーリングプランに、ぜひとも組み入れていただきたいワインディングだ。

POINT1
カメラアングルを変えて雄大な景色を撮ろう

EOS M6を取り出し、立ったままの目線からシャッターを切っていると、増井さんが早速アドバイスをくれた。
「カメラをローアングルにしたり、高い位置から構えたりすることで、より面白い写真が撮れるよ」
そこでEOS M6を地面スレスレに持ち、低い位置からロードキングスペシャルと春華さんを狙ってみた。すると、ロー&ロングの迫力のある車体がより際立ち、空が広くて爽快感のある写真になるではないか。春華さんのスラリと長い脚も、写真の中にしっかり収まっている。

今度は少しでも高い位置から撮ってみようと腕を伸ばすが、このときありがたかったのが、大型液晶モニターの角度を大きく動かせるチルト機構。下方向には約45度傾けることができるから、ハイアングルだって簡単に撮れる。

周囲をなだらかな山々に囲まれた山中湖の姿がバッチリだ!アングルを変えるだけでも、描写が違ったものになるから写真は面白い。もっともっと、増井さんから撮影のコツを聞き出してみよう。

POINT2
絞り値を設定して強調したいものにピントを合わせる

「なにをいちばん強調したいかを考えて撮りましょう」
次に増井さんが教えてくれたのは、メインダイヤルで「AV」(絞り優先)モードにセットして、絞り値(F値)を自分で設定すること。簡単に言うと、F値は開放にするほど、つまり数値を少なくするほどピントが合う範囲が狭まり、背景が上手くぼけるというのだ。
ここではF値を5.0に設定。ストリップモデルらしい、ロードキングスペシャルのスッキリとしたフロントまわりが際立つ写真となった。
カメラの専門用語では、これを絞り値が小さいので「被写界深度が浅い」と言う。

前に置いたロードキングスペシャルをあえてぼかし、春華さんにだけピントが合うようにする写真も撮ってみた。ボリューム感のあるヘッドライトナセルがぼやけた中に存在感を放ち、スレンダーな女性のフォルムが対照的で美しい。
前にぼかすものは、季節の植物であったり、ブルスカで展示される最新モデルなど工夫次第でさまざまな写真が撮れそう。
被写体よりもカメラ寄りにあるものをぼかすこのテクニックを使うと、写真を見た人がそっと覗いているかのような気持ちになる画像が撮れる。

ピントを合う範囲を広げたいのなら、F値を上げればいい。この写真では絞り値を16にセット。すべてがしっかり見え、背景には雪を被った南アルプスも写っている。
前の2枚の写真では、ボケ味をうまく使って被写体を強調したが、今度は全体をキレイに収めた。記念に撮る集合写真などにも最適だろう。
カメラの専門用語では、これを絞り値が大きいので「被写界深度が深い」と言う。こんなふうに、EOS M6なら一眼レフのような写真がとても手軽に撮れるのだ。

【次ページ:望遠、広角レンズを駆使してワイドに撮影】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!

NEW ARRIVALS