Freedom Interview
ARTICLE

【男性編】ヘルメットを脱いだ後、髪はどうすればいい?バイク乗りなら誰もが悩む問題をヘアスタイリストが解決

2017.02.03

2.バイクに乗った後、何度もリセットできるヘアテク(ムース使用)

_MG_0987ボリュームヘアとタイトヘアのちょうど中間!ムースを使ったヘアテクをご紹介します。

_MG_0953

次はムース(ARIMINO/スパイスフォーム ワックス)を使うテクニックを教えてもらった。ムースは水分が多く、髪型をリセットさせる意味では理想的だという。ただし出掛けた先では、付けすぎてしまうと乾かすことができないので注意が必要だ。

_MG_0960

「全体にまんべんなく付けたいので、最初にやはり手に取りますが、ワックスみたいに強く擦ると泡がつぶれてしまうので、やさしく広げてあげる感じです」
ムースの缶を持って、直接頭に吹きかけるのもNG。柔らかい泡を壊さないよう、まずは両手のひら全体に行き渡らせる。

_MG_0956

「いきなり髪をかき上げるようにして付けてしまうと、そこにドバッとムースがすべて付いてしまいますので、全体に付けてから、それを手で伸ばしていきます」
最初は髪全体が濡れるように、盛さんは髪の表面へムースを少しずつ置いていくようにして付けた。

_MG_0962

ムースによってまんべんなく髪が濡れたら、今度は根元からラフにかき上げて動きをつける。サイドはタイトに手のひらを使ってセットし、トップは形を付けるだけでブラシは使わない。最低限の量しか使わないので、髪はすぐに乾いた。

_MG_0978サイドの髪に手のひらを使って押さえつけるように整えていきます。

_MG_0981最後に前髪へ。指先を使って整えましょう。

_MG_0988

_MG_1054今回使用したムースワックス。ARIMINO/スパイス フォームワックス

今度は全体がしっとりとしたウェットな印象。ムースは毛先の束感が、直毛よりクセっ毛の方が出せる傾向があるので、パーマとの相性もバッチリだ。
また、固めるムースだと、再びヘルメットを被ったときにバリバリになってしまうので、ムースを選ぶときは固まらないワックス系のものがオススメ。
「ムースの場合は再度ヘルメットを被っても、セット力が回復するのですぐにまたリセットできるのもいいですね」と盛さんは言う。

【次ページ:グリースを使ってサイドをビシっと決める】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!

NEW ARRIVALS