Freedom Interview
ARTICLE

【男性編】ヘルメットを脱いだ後、髪はどうすればいい?バイク乗りなら誰もが悩む問題をヘアスタイリストが解決

2017.02.03
INDEX

東京・表参道。きっとお客様は洗練されたオシャレな人ばかりだし、話しを聞くのはファッション誌でもお見かけするカリスマ美容師。いつもバイクに乗って出かけているから、ヘルメットで髪型がペチャンコにつぶれている自分のような人間が訪ねて行ったら、さぞかしドン引きされてしまうのだろうと緊張しつつ足を運んだ。
案の定、盛さんは開口一番「正直なところ、ヘルメットを被ったら髪型が崩れてしまうのは仕方ありません」と、眉をひそめる。ライダーたちの長年の悩み、そう簡単には解決しないのだな……と、早くも諦めかけたとき、「でも、崩れたヘアスタイルを簡単に手直しする方法ならいくつかありますよ」と気さくに提案してくれた。
まさに救いの声。聞けば盛さんも、自宅からヘアサロンまでをバイクで通勤し、毎日ヘルメットでつぶれた髪を直してから仕事に就いているという。盛さんが実践しているそのテクニックを、余すことなく教えてもらうことになった。

_MG_1268DaBのトップスタイリスト、盛 隆行さん

ヘルメットを被る前の注意点、寝癖をリセット!

まずヘルメットを被った後、簡単に手直しできるようにしておくのが大切だと言う。
「基本的には寝グセを直して、真っさらな状態に戻します。その後、セットは何もしないのがオススメですね」
どうせ、ペチャンコになるんだから……と、クセのついたままヘルメットを被るのはNG。水で濡らし、根元から正すのが大切。濡らした髪をドライヤーでしっかり乾かすことも重要で、乾ききっていないままヘルメットを被れば、クセはつき放題となってしまう。
盛さんはドライヤーで乾かす前にトリートメントオイルを毛先になじませるように使っている。パサつくことなく、まとまりやすいからだ。

_MG_0837寝癖のついている部分を根元から水で濡らしたあと、まとまりやすくするためにオイルをなじませるのがポイント。

_MG_0859濡らしたら、100%まで乾かしましょう。乾かさずにヘルメットを被ってしまうのは衛生的にもNG。

_MG_1059今回使用したヘアトリートメントオイル。CONTROLPOSITION NATURALOIL V-1月見草

ヘルメットを被った時の問題点

_MG_0870

_MG_0887ヘルメットを脱ぐと、トップからバックにかけてペチャンコヘアに…

次にヘルメットを被ったときの問題点を、盛さんは整理して説明してくれた。
「前髪や揉み上げが乱れるより、いちばんの問題はトップがつぶれてしまうことでして、髪の短い人は後ろ髪もつぶれてしまいます」
確かにそうだ。トップと後ろ側がペチャンコになると髪の動きがなくなってしまい、見た目に良くない。
「髪の長い人は、襟足(後ろ髪の先端)が風を受けて跳ねる傾向にありますが、これはこれで動きが出ていいと思います」
盛さんの襟足もピョンと跳ねていて、帽子を被ったときに丁度良いように跳ねるのを見越したヘアスタイルにしているという。ヘルメットを脱いだ後、キャップを愛用するテクニックも大いに使えそうだ。

【次ページ:ハードワックスを使ったナチュラルヘアをご紹介】

HARLEY-DAVIDSON JAPAN

FOLLOW US!!

NEW ARRIVALS